ラグジュアリードロワー◆参加者様完成画像

こんにちは、Fairytaleです043.gif

先日のラグジュアリードロワーレッスンの受講者さまの完成画像が届きました。

b0245259_9541495.jpg


リバティーも作り手の雰囲気におさまるバリエーションの広さを感じます。

棚積み上げも成功し狂いや歪みもほとんどみられなかったS様。

カルトンパーツを正確にカットしたといっても、人間ワタクシのカットの精度も限界があります。おもしろいもので裁断機にかけた精密パーツでさえ、その人間が組み上げるのですから、これまた狂い歪になることはあります。

組み上げは、基準になる視点をもって丁寧にすすめることでハンドメイドパーツでも正確に完成させていけるわけです。

この視点がものづくりのセンスなのかもしれない。

カルトナージュのフラストレーションは、きれいに組み上がらないことだったり、きれいに布が貼れないこと、細部の布の始末が曖昧でどのように処理したらいいのかわからないことが、初歩的要素としてあげられます。

ワタクシもそれを感じていたので、気持ちよくつくることはできないものか…と考えてきました。

今は、難しそうにみえる完成品でも、とてもかんたんな手順でノンストレスでつくることができるカルトナージュキットがほぼ実現している。

ほんとうにバカみたいにカルトナージュのことしか考えてこなかったのだ。

その情熱と思いは、周囲からは呆れられ後に仕方ないと半ば放置されているように見受けられるが、こんなカルトナージュバカはいないと思う。

今はこのカルトナージュおたくをおもしろがって集まってくださる新しい出逢いの中にいる。

だれも呆れている様子ではない。

なんだか歓迎されているぞ(笑)

家庭人としての周囲からの批判は随分受けてきたが、今は理解されている部分もあるようで、家庭内での家事協力という思いやりというのか…主婦業を放棄せざるを得ない時に、フォローしてもらえるようになってきたこと。

これは我が家では画期的なことだ。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2013-09-02 09:59 | カルトナージュ

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る