<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新しい生活のはじまり


ごきげんいかがですか?Fairytaleです^^


春分からの身体休めに、やっと慣れてきたこの頃(*’ω’*)

朝から自宅を出てアトリエで作業をして、事務所でPC作業をする…という今までの旧仕事専用機の身体を、お弁当と夕食の仕度などの家事、子どもの塾送迎、温泉&塩サウナ、時々作業の身体にバージョンUP?をはかっております。


遊ぶなんていけない…仕事しないなんてとんでもない…ラクするなんてもってのほか!

そんな思いに駆られることもなくなり、主婦の生活をエンジョイしています( *´艸`)


b0245259_16525417.jpg



それまでは時間がないので睡眠時間をけずればいい、と思っていたので時間の使い方が下手だったんだと思うんです。

休むことがとても怖かったこと、家族の理解に甘えていたこと、すっかり自分中心の世界で生きてきました。

それはとても家庭をもっている主婦、母親とは思えないような自己中心的な思考に助長していき、考えも頑なになっていったのですね。

もちろん、物事を達成するにはそれなりの過程を踏んで、学びと、継続、忍耐の中、強靭な精神を鍛えていないとできないことです。


しかし、そこばかりでは疲労困憊してしまうというもの。


そういう経験はもう私にはいらないものである…と気がつき始めたのは2年前くらいでしょうか。

気がついてもなかなかその習慣を変えるということができず、体調が悪くなることで余儀なくされていきましたがそれでよかったんだと思います。


外食や実家での食事が多かったので、家庭でのご飯にワタクシ自身が一番飢えていたのかもしれません。


ごはんづくりって、親子や夫婦間でのコミュニケーションであり、エネルギー交換なので家族の繋がりを実感できるのです。

ごはんづくりで手間をかけることはしません。

が、おいしくなれ~という気持ちはものすごく強いんです(*’ω’*)


 ↓ 昨日のお弁当(ツナマヨとミルク入ふわ玉子焼きが旨かったw)
b0245259_1722870.jpg



去年の9月から自分が食べたいものをつくり続け、3か月くらいで満足していきました。
もう自分のためにつくれるようになってきたので、余裕が出てきたのでしょう。
ムスメからのリクエストを聞くようになりましたw


主婦の皆さんが聞いたら呆れるかもしれませんが、これまで自分にも家族にも優しくなかったのでご飯づくりはどうしても『気力がないもの』になっていたのです。


運動会や校外学習などでお弁当づくりをたまにするのは、できるんです、、たまにだから(笑)


毎日お弁当、夕飯なんて仕事が終わったあとに作る気力と体力が残っていなかったのです。


創作するのと料理をするのは、イコール。

この創作で使い果たしてしまっていた状態だったのですね。

今は、湯治&お家ごはん生活に変えていき、時短クッキングですがたのしく続いています。



不思議と欲しいモノがなくなり、

必要なモノ、必要な状況を整えることに気が向いていくのです。

それまでは、要らないモノを手にすることばかりで、不必要な関係性もお付き合いもありましたが、シンプルな関係だけになりました☆彡


有難いことに、日々気づきと感謝の毎日を送っています。


体調はこのまま改善する生活を送り、体力も徐々につけていこうと思っています。


カルトナージュキットショップの新作キットも、カットスタッフも手ぐすねを引いて待っていますので(笑)もう少しお待ちくださいね♡



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-04-27 17:05 | つぶやき

思いやること


ごきげんいかがですか?Fairytaleです^^


体質改善、便秘解消、ダイエット諸々の目的のため、湯治を始めました。

と言っても群馬は天然温泉が至る所にあるので、気軽に行けます。

田舎って不便ではないんだと気がついたのは最近で、都内のあの狭い地域を電車とタクシー移動をすることの時間の流れの不思議さと疲労をもたらすだけの人混みの中を重いスーツケースを引きずって歩くことで、骨身にしみました。


田舎なら、朝夕の通勤ラッシュはあるもののそれ以外の時間帯はスムースに車も流れているので、ストレスもなく、人混みなんてありません(笑)

時間もゆったりとしていても早く過ぎることもなく、ワタクシには丁度いいのです。

好きな時に、思い立ったときに車でドライブでおいしいお店にだって気軽に行けます♬

都内では予約しないと行きたくありません。

せっかく歩いて人混みの中、時間をつくって行ったら満席だった!臨時休業だった!なんて絶対イヤです。(それって普通なんですけど)


都内での定期レッスンのお陰でワタクシは田舎の良さもわかりました。

同時に、ちょっとした日常的なシーンで田舎の人の独特な自分勝手な性分や、自分さえ良ければいい、困っている人がいても見なかったことにして知らんぷり、すまし顔、老人や子どもに優しくない、自分に甘く他人に厳しい、お互い様精神の低さ、譲り合いが本当になさすぎ。


人の目を気にするくせに、外から見た自分の姿を想像することができない人が多いこと。

それは、スーパーや商店街、レストラン、交通のシーンなどで遭遇します。

その度にムスメにああいう大人どう思うよ?と問います。

そして思う理由を聞いたりして、ムスメの思考や価値観を試します。


b0245259_12111733.jpg



だいぶ前ですが、講師と近所のイタリアンへランチに出ました。

いつもの定番、大盛パスタを注文しランチの時間帯はウェイトレスも大忙しです。

そのレストランは段差のあるスキップフロアになっているところに私たちのテーブルがあったのですが、ウェイトレスさんは両手にパスタ皿を持っていてその階段で転倒してしまいました。
そのパスタのトマトスープは講師の服めがけたかのようにかかってしまいました。

ウェイトレスさんの顔も見る見る間に真っ赤になり、動揺を隠せませんでした。

講師とワタクシも驚いたのですが、転倒したウェイトレスさんが痛かったろうなという方へ気が向いていたので『大丈夫ですか?』と、講師もとっさに声をかけていました^^


汚れは拭けば大丈夫洗濯すれば落ちますからと、すかさずフォローした講師。

それは心からそう思って言っていました。

ひたすら謝り続けるウェイトレスさんがクリーニング代のことなど口にしていましたが、講師は低調にお断りしている様子の一部始終を、思いっきり振り向いて凝視し続けている感じの悪いおばさんたちがいました。

ムッときたワタクシは、二人の目をじっと真っすぐに見続けても、こちらをずっと身体ごと向きを変えて観察してやりとりを見ているんです。

クリーニング代どうなるのかしら、なんかもらうのかしら?

その目はそのような下世話な空気にしか感じられませんでした。

ワタクシの視線に気がつきやっと向きを直したかと思うと、またこっちを見ているんです。

何か悪いことをあなた方にしましたか?と言いたかったのですが、お店に迷惑がかかるかもしれないのでやめておきました。


食事の途中でウェイトレスさんが何かデザートをお出したい旨申し出もありましたが、これも低調にお断りしてそれも気分が悪いからではなくお腹がいっぱいであることを伝えている時も、こちらを振り返って凝視観察してくるおばさんって(ワタクシもおばさんですけど)


ほらほらきたきたという目線と無情な表情には、心底人でなしだと思いました。


都内では恥ずかしい行為として、大人の女性なら絶対ありえない行為です。


ウェイトレスさんはとても気の毒に、あやまって転んでしまい後始末をする行為までもずっと観察し続ける人の気持ちって理解できませんでした。


自分なら見ないようにしてあげるのが、当たり前の態度だと思うのでなんて配慮のないおばさんたちだろうと呆れかえりました。

お店やレストランにいるお客である自分たちも、お店側のウェイトレスさんも同じ場所を共有する責任はあるのです。

こういった不慮の事故のようなことが起こった場合、大事に至らないのなら視線を向けずに何事もなかったように振舞うことは当たり前の態度だと思うのです。



講師も言っていましたが、『こういう時って転んじゃった人が一番恥ずかしいですもんね、何でもないことなんだからフォローしてあげなくちゃ』


まだ若いのに、こちらのお嬢さんの方が人間できてまっせ。


帰りのレジでそっとウェイトレスさんが『しつこいようですが、ケーキをお持ちになってください』と申し訳なさそうに講師に差し出し、それを彼女も断ろうとしていたのでここは、
『いいじゃない、ウェイトレスさんも気持ちがラクになるなら、有難く頂いたら』


この場面では、さすがに先に席を立っていたので見られずに済みました(笑)


こんな感じなら日常的に田舎ではよくある光景です。


またこの程度のことでイチイチ怒っていては、田舎ではとても生活できませんね(笑)




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-04-20 12:20 | つぶやき | Comments(0)

新しいものを創造する意味

ごきげんいかがですか?Fairytaleです^^

b0245259_13593623.jpg


カルトナージュを始めた頃からずっと、べ○ぴがずっと改善されず、、、もうお腹もぱんぱんになってきたので仕方なく下剤を一昨日飲みましたが…うんともすんともいいませんw

さらに昨日下剤を飲み…ゴロゴロしてきましたが、やることがあると意識がそちらへ向くためタイミングなく…

とうとう下剤も効かなくなったか…

と、深夜にゴロゴロしてきて結局、一睡もできずトイレに何度も駆け込み、今朝もw

下剤ってスッキリ感がなくてずっと出たい感じがしたまま終息するのがいやなんですよね。

それに善玉菌もすべて排出してしまうのと大腸への負担もわかっているので、下剤はやめるつもりで生活改善をこの春に始めたのですが、なかなか、排出が下手で習慣化されていない身体。

色々と試しているところでございます。


断捨離もまだ途中のまま、まだまだやります。

まだ着られる服でもここ2年着ていなかったものは、捨てました。

ブランド品だろうとほとんど着ていなかったものでも、必要なかったからタンスの肥やしになってしまったわけです。

捨てるのが嫌なら、必要なものいいものを選んで買う習慣にすることが大事。

最近は買う気も湧かず、必要で服を買うという感じで最低限の購入になってきました。
本当はテンションあがるほどの洋服を買うのが一番いいんです。

しかし、30歳くらいの時の体重から15キロは太ってしまったうえ、筋肉も落ちてしまった身体は老体になったことでオシャレに興味がなくなってしまったかのようです。


まずはここから改善、修復をしていかないとです。


ダイエットというよりも生活改善、意識改革といった感じでしょうか。
運動は数キロ落としてからにしようと思い、腹半分~6分目を意識して(時々はたのしく食べられるお付き合いはOKとする、ゆるみ有り)糖質制限も少し取り入れ小麦とご飯(ご飯はときどきOK)をコントロールし、お茶碗の半分で満足させる。

でも、人間なので時々はOK、食べてしまったなと思ったら翌日は断食をする。

基本午前中は断食をずっとやっているので、お昼と夕食を頂くのは習慣になっています。


あとは疲れそうなときは温泉に入る!

群馬は温泉が湧き出ているので、近所でも充分疲れはとれます。

ワンコイン近くの料金で1日いられますので、秋まで週2回ペースで近所の温泉さまよってみるつもりです♨



すっかり湯治っぽいワタクシですが、お休みというわけではないんです。


只今、各種コースの作品をすべて、新作リニューアル中です♪

製図(作図)とデザイン、積算、試作工程撮り、レシピ作成、と作業が続きます。

カルトナージュキットショップもリニューアルをかけます♬

これまでの工程写真付きレシピのキットに加え、

レシピなしのヌードキットとケント紙のシンプルなデザインのキットを今後はたくさん放出していきます!

ワンコインキットなんかも考えています( *´艸`)



明日は講師たちにお願いして試作参加していただきます。

リニューアルばかりやっているようですが(笑)、

それは必須なのです。


カルトナージュであっても新作は人を惹きつけるパワーがあります。

古い作品ももちろん定番もいいものです。

しかし、ここに固執していると古くなったエネルギーは振動数も当然低く、当然のことながら心を揺さぶるような感動を呼ぶということは少ないはずです。

古臭い空気感の方が勝ってしまうのでとても残念な気持ちになります。

せめて作り直すだけでもした方がいいのです。


人は素敵だからということだけで、反応するのではないのです。


新しいもの、振動数の高いもの、出来立てのほやほやに《感応する》のです。


エネルギーの振動数は作り手から離れた瞬間から、鮮度は減っていくとも言えます。


だからこそ、桜のように儚く、美しくなければならないとワタクシは思うのです。



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-04-11 14:00 | つぶやき | Comments(0)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧