<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

素養とは


こんにちは、Fairytaleです^^


WilliamMorrisでつくるアクセ収納ケースは、ほとんど(講師以外)終了しました♬


完成まで見られませんでしたが、宿題で完成させられるところまでは頑張って初級者さんも取り組みました。


また画像を撮り忘れてしまいました…

ワタクシも真剣にお手伝いしていたので、気が付いたら皆さんお帰りになっていました。
(ご挨拶はしましたので(笑))


完成画像、ご参加した皆様からお待ちしております!!



  ↓ 先日の入門コース ラウンドボックス(STOF社の麻生地)
b0245259_1522229.jpg





さすが、モリス。

どれも素晴らしく素敵に仕上がってましたね~

いい素材でつくると、心も身体も満たされるのを実感します。

レッスンでも作り心地の良さを口々に感動されていました。

ちょっと贅沢ではあってもそこに意味があり、価値を感じられる「素養」がポイントです。


素養の説明として、類義語をあげると…

素質として、持って生まれた性質、能力資質のこと。
教養として、社会人として必要な文化的知識のこと。
才能とは、物事を成し遂げる優れた能力のこと。
素養とは、普段から心がけて身につけた知識・教養のこと。

ということは、後天的な意味をさします。

普段の生活から身につけた感覚や知識ってことになりますね。

教養があるというのは、知識をつけることで頭の中では理解している状態であるとも言えるわけです。

頭でわかっていることよりも、心のうえでの理解で体現している状態である「素養がある」ということは、より深い境地であるわけです。


持って生まれた才能、素質とは関係なしに、日々の精進で身につけられるのです。


よく生徒さんたちが、ご自身の才能がないセンスがないとお嘆きになるのですが、ワタクシから言わせていただきますとそこはあまり問題ではないと感じています。

寧ろ、後天的な努力や日常に注意をはらって選択する意識を持つことで、磨きがかかるものです。

天才であっても、そのままにしていればいずれ後天的な精進を重ねた人には及ばなくなると思うのです。


日頃のセンス磨きは、心がけでどうにでもなるものです。


美しいものを求める心、想いが現実を引き寄せて、素敵な作品をつくる機会に巡り合えることに繋がってゆくわけです。


ワタクシも扉を開けて、どなたでもそんな機会に触れていただけるように、お待ちしております☆彡



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-03-28 15:25 | つぶやき

春分に向けて

こんにちは、Fairytaleです^^

卒業シーズン真っ只中ですね。

お子さんの受験、入学準備、卒業式と慌ただしくこの春を迎えていらっしゃる方も多いですね。

そして春分を前に体調不良や風邪、インフルとダウンに見舞われたのはワタクシだけではありません。

この春分を過ぎるまでは思考も現実もきつかったです。

新しいシーズン、新しい12星座の始まり、しんどくて、眠くて当然なのです。

意識が浮遊するような現象もあり、インフルで寝込んだ後も続き、いまだに体感が戻りません。

そうは言っても、日常は容赦なく訪れ生活が流れています。

ワタクシはこの春分での決意、想いを口にできたことで、気持ちも軽く、穏やかになりつつあります。

これからの半年間は調整の期間、創意工夫の時間です。

そして古くなった思考パターンや古い行動パターン、ただ単にいつもの意味のないルーティン…
そんな意識のないパターンはどんどん発見して手放しましょう。

それだけで、自分の時間が生まれます。

忙しいお母さんたちは、本当に忙しいの?

忙しいと思い込んでいる、忙しくなるように追い込んでいる、家族が分担すれば済むことを一手に引き受けている、、、お母さんたくさん見かけます。


そんなに自分の現実から逃避したいのかな~

逃避もしたくなる気持ちもわからなくはないです。

でも、一度の人生お母さんのあなたは、あたなが自由を一番許していないんです。

ご主人のせい?お子さんのせい?

自分で勝手に課しているだけですよ。

女性のあなたが一番女性を疎んじて、軽んじて、軽蔑視しているのかもしれません。


自分を一番理解して大切にしていないと…子どもたちもそうなります。

自分の担当は自分だけです。

お母さん、自分を大切にしてくださいねemoticon-0152-heart.gif



今日は、そんなメッセージがふっと湧いてきました♡




↓初級コースリニューアル作品キャンディーポット♪

b0245259_14394373.jpg






「自由設計基礎コース」の無料体験講座のご案内です♪

2時間枠のみですので、テキストは初回の一部を少しご紹介し、図面化した虎の巻もご参加いただいた方にお見せいたします。
是非、ご興味のある方、設計する図面の描き方を体験してみませんか?
素人さんでも理解できるテキストと指導で、必ず作図することができるように導きます。
図面が描けるようになった前と後とでは、まったく制作する楽しさが皆さんガラリと変わったそうです。また、曖昧だった描き方に確信をもって作図できるようになった講師の方もたくさんいらっしゃいます。


◆無料体験講座「自由設計基礎コース」中目黒教室募集◆
●4月16日(土)13時~15時(中目黒駅徒歩2分)
《無料体験講座持ち物》
シャーペン、15~30cm定規、消しゴム、色ペン(赤・青・緑など数色あるといいです)
※用紙はこちらで用意いたします。


【東銀座教室◆自由設計基礎コースコース2期生募集中】
4月から定期 第四土曜午前◆9:00~12:00
◆受講料全6回×3時間 108000円※分割対応可
◆設計、カリキュラムに伴う資料とテキスト(約30P~) 12000円
◆方眼50枚綴り・ステン定規・製図用シャーペン・カラーペン3色・カッター・アートナイフ等
4000~6000円程度(お手持ちにないもの)


人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-03-22 14:45 | つぶやき | Comments(0)

実現する力

こんにちは、Fairytaleです^^♪


ワタクシのやっていることお仕事は、想像した無形のものをこの現実の世界に落とし込む作業です。

イメージできたことは実現できるということを、カルトナージュのデザイン設計で体験しています。

しかし、他の生活で必要なことに関しては、からっきしダメ(笑)


セルフイメージが低いからか?

幼少期のネガティブ体験が原因なのか?

色々思いつくことはありますが、そんなこと言ったら皆さんも似たようなものですよね?

想いを実現化することは、実体験を重ねて経験していくことで超えられるものかもしれませんし、ある時を境に思い通りに実現していくのかもしれませんし、そうではないのかもしれません。


ワタクシはこのイメージしたカルトナージュを現実に物質化していることを踏まえて、他の希望や要望も可能になるんではないのか?という思いが湧いてきます。

b0245259_1241547.jpg



すみません、カルトナージュの話しぢゃありませんemoticon-0125-mmm.gif


基本、ワタクシはわがままなので思い通りにする傾向が強く、家族はとても迷惑をしているそうです。

家族が寛容なら問題ありません、寧ろいいことです(笑)


ほとんどの人は、思い通りにいかないことに憤り、時には嫉妬し、嘆くのではないでしょうか。

中には、気がついたら実現していた…なんて方もいらっしゃるでしょう。うらやましいですね。

すんなり物事がいくこともいかないことも、意味があるのです。

よくよく振り返ってみるとうまくいかなくて良かった、ということもあるはずです。

そのときはこうしたい!という気持ちでいっぱいになっているので、見境がありませんし、冷静に観察もできません。

過ぎ去って、情熱も覚め、感情も落ち着くとよく当時のことがわかるものです。


この冷静さ、感情の起伏コントロールができるようになれば、実現化に近づくように感じます。

また、感情の起伏が少ない人は実現化を引き寄せるパワーも少ないと感じますね。

それは、一種の諦めからのエネルギーからは何かが実現する爆発するパワーなんてないからです。
 

ご自身がちょっと怒りっぽいとか、感情が激しいところがあるとか、負けず嫌いとか、そんなネガティブパワーを変換したら、同じパワーを有効に活用して消費できます。

破壊的なパワーを創造のパワーへと変換するのです。


おとなしい人に激しくなんてなれないのは性質ですから、確固たるじわじわとした進み方が合うのでしょうから職人的なお仕事がとても合っていると思いますね。

どうしても人には向き不向きというのはありますので、ご自身の悪いところは良い方向へ向ける、向いていること(好きなこと、落ち着くこと)にフォーカスすると、やりたいことに出逢います。

出逢う時期というのもあって、ある程度そのきたるべき時期にならないと出逢えないものでもあるようです。

精進が足りないからというよりも、タイミングという意味合いが強いです。

そして、一番重要なのは希望を強く抱き続けるということです。


この先、どうなりたいかどうしたいか、というビジョンがあれば最高です。

なかなかそのビジョンは揺れるもので、移ろいやすいものだったりします。

その揺れ動く儚い自分の分身を追いかけていく日々です。


小学6年生のムスメと同じように、その儚く揺れ動く自分の姿にいつか追いつきたいものです。



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-03-07 12:44 | つぶやき | Comments(0)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧