<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

壁掛けアクセキー収納の製図デザイン

こんにちは、Fairytaleです^^


9月からの変化を求められる高速化はこのアトリエでの過ごす時間の濃密さがぐっと変わり続けています。


ワタクシの朝は7時に自宅を出て7時半前にはアトリエに着き、作業途中のまま慌てて帰宅するため、窓を開け放ち掃除片づけをして、コーヒーを落としながら、お香を焚きます。

ミントか白檀が多く、伽羅も時々。。

事務所はワタクシだけのものではないので、書類やデザイン書籍、昔のCD-Rなどもう捨てたいものでいっぱい…でも自分のじゃないから手をつけられない。

アトリエは生地裁断の途中のものや、使った順に重なっている状態で、こいつをどう片づけるかがわからない(笑)

なので、のれんをかけて見えないようにしているだけ。

きっちり片したら、すっきりするんだろーな…

そんな時間もないしので、しばらく見なかったことにしていた。



最近は必然的に出会いや再会が起こり始めている。

カルトナージュを普及するためのメンバーもそれぞれフィットした人が新たに加わり、準備万端。

対等なパートナーシップを組めるRちゃんとも再開を果たした。

ワタクシには、社会性や共同作業の星がないので、ひとりで表現することが向いていると思っているのだが、こうして出逢って面白い展開がこんなに早くやってくるとは思わなかった。


Rちゃんに、今度アトリエの片づけ教えてもらおうと思っている。(忙しいからね~)
彼女はワタクシと同じ業界20年居続けたプロフェッショナルな建築関係の達人。
強者だ。
資格はもれなく網羅しているし、何よりも経験がものをいっている。
今流行りの断捨離。
でも断捨離はできる人とできない人にはっきりしている。
だってしんどいもん。

彼女は、暮らしの質を上げることにフォーカスした、お家の片づけ整理の極意をお伝えするお仕事をしている。

断捨離のような捨ててしまうという行為はワタクシにような人間にはときには雑な行為にしかならないこともあるのだが、その判断基準はじつに曖昧で、捨ててしまってからあると思い込んでいて探すという愚かなことををしてしまうような人間には、限界のある行為なのです。


彼女の提唱するお片付けはなんだか違うようです。

物事の判断材料や考え方から生きる質を追求し、それでいて強迫的ではない自然体なお片付け道を提案しているのだ。

ワタクシのような汚部屋を持っている人間には、継続的に実現できるそのノウハウを身に着けられたら、毎日が違う生活になるだろうな~とぽわ~ん想像している。


なんだかRちゃんの宣伝になってしまった(笑)

ついでにリンク貼るわ❤


暮らしの美人道~人生と暮らしの質を高める片付けの習慣~
住み質コーディネーター♡松本理恵



Fairytaleのブログ見たで、何か特典つけるように言っておくわ☆彡





今日は、来月のシーズン単発レッスンのデザインができた話を書くつもりだったのに…

では 図面だけね。。。

b0245259_13505221.jpg


今年最後のシーズン単発レッスンです。

来年は美術展の開催準備で、シーズン単発は約束できないので(余力がありましたら、やるかもしれませんが…)是非、どなたでもご参加ください!


壁掛けのネックレスやキーを見せる収納。
Fairytaleレッスン受講が初めてさんの場合は、ベーシック仕様にて制作いただきます。
経験者の方は、エンボスと鏡が付いた仕様かベーシック仕様が選べます。(初級の方はベーシック仕様受講となります)

蓋フレームには透明フロートガラス板極薄の高級加工素材により、壁掛け対策の軽量化をしました。

蓋を開けるとベーシック仕様は高級起毛紙が貼られた背面にフックが9つまでお好きな位置につけられます。

経験者向けの仕様は、蓋にエンボスの柄加工で豪華な雰囲気を出し、蓋を開けると背面に鏡があるのでアクセをチェックしながら装着できます。
同じようにフックを取り付けられます。


背面の芯材には、木目の細かい北米産のスプルース正目板を厳選。
家具や什器、楽器など繊細な加工に最適な木材で、比較的軽量な木材です。

他の部材は質量が軽く密度の高いカルトンボアの特厚で、ガラスと鏡板が入っても驚く軽さの仕様にしました。


設計デザインをゼロから構築することの意味は、作品をつくってたのしく、飾って嬉しいものにするには、長期使用できる構造と軽量化は必須です。

ただ作っておしまいとならないためには、使わせる作品づくりを常に意識していないとブレた作品しか残りません。


今回は素材選びにかなり厳選しました。

自由設計基礎コースの講座でも話していますが、
安いだけでは意味がありませんので、優先順位を明確に意図しないとたくさんある材料の中から選び取る力がいつになってもつきません。

カルトナージュが単なるお稽古の枠から飛び出して、自由で制限のないものに結びつけるには素材を知り、多くの材料を知り、組み合わせ相性を知る…その上で選び取れる力をつけないと創作は広がらないのです。

そんなことは本当は、皆さんにはどうでもいいのです(笑)

つくってみたい、ほしい作品であればいいのです。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2015-10-28 14:07 | レッスン | Comments(0)

ペンスタンドメモと秋の空

こんにちは、Fairytaleです^^


毎日、カルトナージュのデザインを考えることをしています。

休みは半日土日にあればいいほうですが、そのわずかな休みだってお風呂だって、おトイレだって、移動中も、睡眠中も夢の中で、その続きをやっています。


これは、建築関係のお仕事のときからの習慣というか、、取り掛かっていることでいっぱいになってしまうのです。


それが、たぶんたのしいことの一部なんだと思う。


大きな充足感を感じる暇はなく、ただ作り続けられる原動力はなんなのだろう…

人よりもエネルギーはあるのはわかるけれど、やることがないと思考が強くなるのでバランスが悪くなるのは若い頃に気が付いていたし、メンターの先生からもそのことは注意されていたので意識してカルトナージュに取り組んだ記憶もある。


人に興味がなくて(笑)想像することが大好き。

想像こそが、ワタクシにとって誰にも邪魔されない世界にいられるから…という子どもの頃のくせのような習慣から想像することは、なくてはならない自分の世界だった気がする。


小学生の頃は、帰宅する道が2キロと遠かったので、そのクリエイションするいい時間だった。

道端に自動に進む蛇腹の道があって、そこへぴょんと飛び乗り、すーいすいと進んだら早く家に着けるし、たのしいな~とその周辺には透明のカプセルのようになっていて、雨も強い空っ風もシャットアウトしてくれるし、椅子もあって座っていけたりもしちゃう…なんてことを毎日のようにその機能を考えるだけでひとりで帰る道はワクワクした。


こんな話は友達にも親にも話したことはない。

恥ずかしいとかそういう理由じゃない気がする。

言う必要性を感じてなかったんだろうな。


子ども時代に想像した「自動歩行通路」が今は都心の駅や遊戯施設に当たり前のように設置されている。


想像したことは実現できることなんだよね(笑)



b0245259_9253848.jpg



去年までのワタクシ、いえ、

つい最近までのワタクシは自分を取り巻く世界が不自由で居心地悪く、思い通りにならない我慢と忍耐でした。

しかし…

明らかに、もう何かが違って見えています。

説明しにくいのですが、自分が選択しないことをしてみたというところです、、

それには怒りと苦痛と不条理なものが封印されていたことだったから、もう一生触れないでおこうと決めていたし、交流し交換し循環する交わることから逃げていたから。
ここをなんとかしないとこの先一歩も進めないよ、とママ友から痛烈ににっこりと天使の通達を受けた。


信頼関係とは些細な疎通の積み重ねで何年と先送りをしてしまうと、もうそこへどうやって戻っていっていいかもわからなくなる。

修正する機会がもうこれが最後だとなんとなく気が付いていたし、緊急を要していたことを無視し続けていました。

人は家族や友人、仕事のパートナー、メンバーと一生を通して交流していく。

やはりそのへんの対処が、自分には難しかった。

その中の一部がフリーズしているだから、うまく動くはずもない。


すべては循環した交流から動き出すのだから。



今、無敵だ(笑)

風通し良く、気分もいい。

ありがたいね☆彡

そこらじゅうに「ありがとう」が落ちているのを拾いまくっている。



さぁ、あとはやるだけだ。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2015-10-20 09:27 | つぶやき | Comments(0)

限定キットの製作中

こんにちは、Fairytaleです(^^♪


朝晩肌寒く、今朝は曇り空だったけれど、窓際ではぽかぽかの日差しがはいってます。


最近のワタクシは、時間の流れがゆっくりと流れ、ぼんやりしているわけではないのですが、濃厚な時間を過ごしている満足感があります。


只今、来年の上野の森美術館での限定発売のキットデザインに取り掛かっています。

Fairytaleとしては、シンプル目なデザインに落ち着かせました。

やはり、カルトナージュ愛好家の方が楽しんでつくってもらえる作品であって、完成したら使いたくなる作品でないといけないと思っている。


からくりは色々とあるのだが、個人でつくる手間と精密カットは購入する価値のある技術を含むキットであり、材料に関しては卸値の底値、生地も協賛依頼したりと、やれることはやった。

利益を出すのは当たり前だけど、そんなのつまらない。
なぜ、こんな低価格が実現できたのか不思議なキットにしたい(笑)

いや…魅力的なキットにしたい(笑)



東銀座教室前の安定した味のイタリアン↓
b0245259_13355427.jpg



友人に、、最近1年くらい前にFBで出会ったリアルの出会いでないMちゃんや、15年ぶりに再会できた悪友戦友だったRちゃんとコンタクトをとった。


時間とはループのようなもので、直線ではないということを実感するのだ。

Mちゃんは実際会うまでそう時間はかからず、意思の疎通といったら言葉よりも感じることで会話を重ねたと言ったら、伝わるのだろうか。。。

MちゃんのsideBは、メンターであることもあってか、話は前置きなんかいらなかったのでつながるのはとても速かった。


ワタクシのカルトナージュ作品って自分ではくどいと思っていたし、曲線デザインに関してはかなり意図をこめて制作していたから、そんなの見る側からしたら押し付けられてお腹いっぱいなだけだと思っているからだ。


それを無条件でほめてくれる…

ワタクシの鎧を通り抜けて、ほめてくれる。

Mちゃんの直球は素直なラインとなって、こちら側へ届くのだ。

子どもみたいに、うれしいと思える。



作品は自分の分身がゆえ、褒められてもなかなか素直にはいってこられないものなのだ。

繊細に震えるような小鳥のハートは、けっして強くはない。

画面の向こう側の知り合いの人は、皆笑っているのかもしれないけれど、、、

いいよ、笑っても。


人からどう思わるかなんて、もう気にして生きてないから。



自分がこうしたいと思ったことを、生きている間にどれだけ実現させることにしか、もう興味はない。


手段は選ぶけれど、人を傷つけてまでのやり方は考えるけれど、あとはもうやりたい放題よ!




ある日のタイムラインに、15年ぶりのRちゃんの顔らしき画像があがってきた。


しばらくは、顔が違うというか、雰囲気がちょっと微妙に変化していたので、いやいや間違いだったら恥ずかしいしなーーと、躊躇していた。

でも、そんなの生き方としてはよろしくない。


思い切って、メッセンジャーで連絡してみた。



Rちゃんの返信があったのは翌日で、それまでは、、、やっぱ拒絶されてるのかなー?

嫌われたままなのかなー?とどんどん落ち込み出した。



すると、起きてられず早い時間にめずらしく就寝してしまった(笑)


翌朝は、Rちゃんのメッセ音で目が覚めた。



めでたく再開できた。



あぁ、最近の自分、しあわせだな。。。




ここではまだ書けないけれど、MちゃんもRちゃんもそれぞれの自分の道を見つけ歩み出している。


自分の個性を愛して信じている。

もちろん、不安だってあるよって言ってた。


でも、道が決まると女性ってたくましく美しく輝きだす。

それは年齢なんて関係ないなと、つくづく思う。

Rちゃんなんて15年前の若かりし頃よりうんときれいになってたし、笑顔が増えて魅力的に変身していた。(時間の経過とともに、変わるものだけど変身という言葉が合う)


夕方、帰宅したムスメの開口一番が、、、

『ママちゃんのいつを知っているの?』

この意味は、ほんとうにママちゃんは若い頃痩せていたという事実を確認しているな、、


と気が付いた( ;∀;)


このやろー






ワタクシはどうなんだろか…


ただ、年をとっただけなのではないのかー?



少々、気にかかる。。。。



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2015-10-06 13:49 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧