<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

渡り鳥の夢

昨日の午後はお休みで、自宅の片付けで捨てるものを処分することにしました。

これはワタクシの意図ではまったくなく、夫が最近ムスメのために部屋を準備してあげたり、ベッドを私の寝室からムスメの寝室へ移動させ、離れ離れに寝ることになりました。

…いや、当然なんです。ふつーです。もう11歳で6年生女子ですから。

b0245259_1554552.jpg



その片付けの最中、急激な脱力感疲れにおそわれ、途中までとなり早々に横になりました。

強烈な睡魔の場合、メッセージがよくあります。


今回は、古いものを徹底的に処分する目的もあって、古いエネルギーを解放する目的とあまり良くない亡くなった方の思いが残留する代物があるらしく、どれもよくわからないので、思い切って古いもの全部使えても処分に踏み切りました。

その量も半端ありません。

よくこんなの持ってたな…というものやすっかり忘れて未使用のもの、数少ないブランドバックなどもぜーんぶ047.gif


古いものを処分するにあたり、そのエネルギーが出てきたせいか、急に座り込んでしまいました。

これは、やばい。。。。




それは渡り鳥との不思議な夢でした。
私の夢を叶えるため、何万羽の中から選んだ渡り鳥がドイツ方面?へ飛び立ちました。

夜の川岸に映る夜景が水面にハッキリと、少し幼い私の姿でした。
場所は川岸ではありましたが、幼稚園から小学校まで父の会社の2階で生活していた時のようでした。
6~9歳くらいでしょうか。

この年齢の私はよくヒプノセラピーや退行催眠ででてくる幼少期の私です。
とても大人びた目をした、しっかりした子どもでした。

渡り鳥は使命を果たし、目的の場所まで到達した知らせがなんとも現代チックにGPSでPC確認しました(笑)

清々しい夢でした。

私の人生には鳥がよく出てきます。

動物の中では鳥が一番私にメッセージをくれるのです。

アトリエの壁紙は鳥が多いですし、所有している生地にも意図せず鳥の柄がとても多いです。

我が家にもHappyという名前のセキセイインコを飼っています。

アトリエの屋根裏にはドイツへと渡る鳥がもう何世代も住みついていますが、取り壊さず春になると子どもが増え問題もありますが、優しい気持ちで共存をしています。


今回のメッセージはもうすぐ意味がわかると思います。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2015-05-18 15:55 | つぶやき

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧