<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

蓋のイラスト画

こんにちは、Fairytaleです^^


数年前に作りかけていた、 〈St. Valentine Box〉 の、フタのイラストが出来ました。

b0245259_17115853.jpg


ティファ二―ブルー×ブルーグレーに、ゴールドの縁デザイン。


中央には細いベルベットのリボン3色がかかり、Fairytaleのロゴとその上にFairytaleのキャラクターの妖精がいます。


下には英字でごにょごにょ呪文を入れておいきましたw


忙しくても何かしら作っています、コツコツと。


これはラウンドボックスになりますが、ただのラウンドボックスなんかつくりませんよ~





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-03-31 17:12 | カルトナージュ | Comments(0)

スカラップトレイ~新発売♪

引っ越し受け入れ真っただ中の、Fairytaleです^^


本日カルトナージュキットショップで新発売の『スカラップトレイ』

b0245259_12374562.jpg


ギリギリすべりこみセーフで発売に間に合いましたw

スレスレ、ギリギリが好きでやっているわけではございません。

ただ…そういうのに慣れてきました。

なんとかなる!

ダメだと思ったことで実現したためしがないので、どう考えても無理な話であっても、

なんとかなる!

それでやってこれました。

ご先祖様、天の方々、八百万の神様、キリスト様、マリア様、ミカエル、ラファエル、…

どうもありがとうございます。

b0245259_12433418.jpg



ここからはワタクシ個人の主観ですので、スルーしていただければ幸いです。

ムスメを緊急帝王切開で出産して傷口がふさがる頃、親切な看護師さんが寝がえりをさせてくれたのですが、思いっきり裂けてしまい、場所が場所なだけに菌が入ると大変なことになるため消毒に1カ月くらい通院しておりました。

その頃、情緒不安定気味になることがあり、寝室で天に向かって助けを求めました。

すると…

ワタクシの頭上に3メートル以上の背丈のある中性的で、それはそれは美しい造形のお顔の方が、大きな白い羽根を広げ、肩まであるウェーブの輝く髪と深いブルーの瞳の中に星が見える、幻想的なのにリアルで優しいエネルギーにつつまれた白い衣をまとってたたずんでいました。

会話というよりは、ワタクシに言葉でしっかりと伝えてきました。

『お前の幼かったとき(おそらく小学2年生~4年生くらい)の満たされなかった子どものお前を自分で抱きしめるように、娘を育てればいい』

ひとり号泣しました。

あの方は、ミカエルだったのか、自分の中のハイア―セルフなのかわかりませんでしたが、おそらくミカエルだと確信したのは、書籍やネットで調べてわかったそのお姿が酷似していたからです。

その言語は私の脳内で翻訳されたような感じです。

しばらく、その言葉を胸に娘を育てることができました。

泣くことがほとんどない娘は手のかからないとてもいい子でした。
誰に預けても人見知りせず、ママが私だけじゃないと思っていたのかもしれませんね(笑)

おむつを替えるときも、じっとこちらを黙って見つめてイヤがるとかそういうこともなく、娘の求めていることはほとんどわかっていましたので、お互い意思の疎通は霊的にはバッチリ繋がっていました。
ですから、娘に危機がある時は離れているとき、2度ほどわかりました。

実家でお泊まりしてもらい仕事を進めていた深夜11時頃、娘の泣き声が左耳だけに聞こえました。
その10分後、父と娘がやっと歩いて靴下もはかずに寒い冬の深夜に帰ってきました。3歳くらいだったでしょうか。

夕刻運転中、急に心臓がバクバクしてきたので心筋梗塞かと思っていると携帯がなり、保育園から 『目から出血しているので眼科へ連れていきましたが、保護者へ直接お話しがあるそうです』 

と言う連絡を受け、直観的に娘の人生にかかわる一大事が起きたと自分の身体が感じました。

人間には未知の機能が備わっていて、緊急時や危機的状況で爆発的に発揮することがあります。
何度か人生において経験していたので、自分自身のことではびくともしないのですが、ムスメの事となると動揺がはげしいものです。

責任を感じてしまうため、どうにかして拭えないものかと毎度悩みます。

まだ、それが続くと思うと…ため息が出ます。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-03-30 12:43 | ショップ案内 | Comments(0)

変化を受け入れる


こんにちは、Fairytaleです^^


春が近づいてきていますね。


この2カ月間は激動の意識の中、周囲の風景も同時に変化し、痛みと新しいことがはじまる気配の入り混じった混沌とした日々でした。


やっと出口らしきものが見えてきた…

そんな感じです。

多くの方がそう感じたのではないでしょうか。



年末からずっとお皿やお茶碗、コップ…と慣れ親しんだ陶器を割りまくり(笑)

『はっぴ~、らっき~』 と、その直後いそいで言います^^

この子たちは物質界での反射のようなもの。

本来はワタクシたちが怪我をしたりトラブルが起こったりして、〈おしらせ〉がくるのですが、この子たちが代わりになって浄化してくれているようです。

だいぶ年季の入ったお茶碗は、落としたわけでもないのにひびがじわじわと入り、触ったら割れた感じ。

割れるとびっくりするのが多いのですが、ワタクシの感じ方が変わったのでしょうか、ありがたいという感情が込み上げてくるのがわかります。



体調が悪くなってから、6時に起床してパパとワタクシのお弁当と朝食をつくります。麦味噌のお味噌汁とベーコンエッグには醤油派!(ワタクシはソースで育った)の我が家の実権はワタクシが握っているように見えますが、ちょっとした家族共通のお皿につけるものには向こうの主張になります。年に数回ひとりの食事の時は、『あ、そうだソースにしよう♪』 と思い出すとうれしくなります(笑)
食べきる量を無駄なくつくり、捨てることのないようにできるだけ意識しています。洗い物とゴミ出しを済ませてから事務所へムスメと車で向かいます。7時前後でないとラッシュに巻き込まれプラス10分遅れるため6時55分くらいがベスト。

事務所につくと、アトリエと事務所のゴミ出しと簡易掃除。いちばん汚いとこがムスメの使っているテーブルスペース部分と学習机周り。片付けを教えてこなかったためか、教えても聞いていない子なのでキレイの概念がゆがんでいるとしか思えない状態が多い。

7時35分になるとムスメは登校班へいちばん乗りで出ていきます。アトリエ窓から見下ろすと、必ず振り返って手を振ってくれたのは何年生までだったのでしょうか…

8時くらいまでメールチェックと返信と発注書・納品領収書をプリントしながら、コーヒーを濃くおとしてカップへ1/3注ぎ、熱湯で薄めミルクを入れるのが定番。

お香も時々、空気の入れ替えができないこの季節では必須。

白檀の香りの中、コーヒーの香りと入り混じる時はいちばん人生の時間でゆったりした至福のとき。
そのまま軽くほんとうに軽い瞑想に入り、メッセージやイメージが入りやすい状態になるまで1分でしょうか。
大事な仕事の時、難易度の高い作業の時はお祈りを少しだけしてから、はじめます。

お酒もタバコもダメな体質で、カフェインも少しで充分満足できるのは若い頃から変わりません。

コーヒーも一生飲まなくても多分大丈夫。それをたのしむだけ、雰囲気や香りをただたのしむためなので、1日1杯で充分。
甘いお菓子やケーキも一生食べなくても多分大丈夫。←信じられな~いと言われそうですね(笑)

食べたいと思う時はすごく疲れている時で、食べてもそんなにおいしく感じるわけではないんですね。よ~く身体に意識を向けると、〈そんな気がしている〉 だけなんです。

特別にコレが食べたいという欲求がものすごく減ってきましたね。
でも…太っているのはなぜ?…と横からつっこまれそう。

9時から10時くらいにブログ記事を書く時間が多く、UPしてからその日のカルトンカットの下準備を午前中にします。カットは午後の3時くらいまで、他の作業と交互に手を休ませるため効率悪くても、カットは2時間で休憩します。

愛用の抗炎症剤ロキソニンちゃんを腕にぬりぬりしておかないと翌日やっぱり腕が腫れます。痛みが上がってきているので、しじゅう肩イヤ…ごじゅう肩にこのまま突入する気配がします。


カットをしないなか日は、試作品づくりです。つくる時間は下準備が9割、実際の作成は1割といっていいほど下準備の時間はものすごく手間をかけています。

ラフデザイン→構造設計→サイズ出し→積算→調整→トレース用下絵→トレース→試作→型紙調整→再試作→レシピ作成という流れでも試作は再試作がほとんど今はやらないため、益々時間をかけていません。

こんなことをやっていると、夕方4時すぎになるとムスメが階段を大きな音をたてて上がってきます。1時間くらい仕事になりません。夕刻18時くらいまでカットをしている中、ムスメのピアノの練習音と重なります。宿題、目のトレーニング、ドリルを済ませると18時を過ぎます。


お弁当箱、洗濯物を回収した袋を持って、生協へムスメと帰宅しながら寄り、すぐにお風呂に入ってもらい、19時半頃夕食~片付け20時半~

夜の9時には就寝してもらい、お風呂を済ませてそこからPC作業です。

だいたいレシピのベースや原稿書きです。

0時をまわると、目がしょぼしょぼしてきて 〈もう疲れたよ~〉 と身体から言われるまでがんばります。

ここでTVなんかつけてはいけません021.gif

作業の邪魔だし、つけていても雑音にしかなりません。

もう何年もTVが面白くないですから、本気で見ることがありません。

情報は一部のブロガーさんや一部のラジオ、書籍、一部の知人のみ。

それでやれてます。

正しい情報はないに等しいので、真実はこうだな…と有る程度わかってしまうと、身に危険でない限りはどうでもいいことです。

ここ数年の激しい忙しさは自らそうしているためで、少しずつシフトしていこうと思っています。

すでに、変化があるのに抵抗している時期はもうとっくに過ぎました。

皆さんも、新しいことを始めたり、新しい仕事を見つけたり、今の状況の中で古くなったこと循環しなくなったことから離れて、動き出してみませんか?







人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-03-28 09:50 | つぶやき | Comments(0)

スウィングするトレイ


こんにちは、Fairytaleです^^


すこ~しずつ初級リニューアルコースの新作の試作をしております。


わずか、3パーツのカルトナージュ。


b0245259_17131516.jpg


ゆらゆらとスウィングしちゃいますよw
動くのがイヤだったら、足をつけて固定させるのでもいいですね。

初級コースでもFairytaleらしくシェル型側面にスカラップのエンボシングデザイン…



明日は飾り仕切りのあるペントレイの試作にとりかかります。


今日も、向こう側にいるであろうカルトナージュを愛してやまないひとにぎりの人、これから出逢うであろう人を想い心の波をたてずに、ただただつくりつづけます。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-03-20 17:19 | コース | Comments(2)

アラフィフのあがき

こんばんは、Fairytaleです^^

この時期は何かと忙しく、確定申告や年度末、来期のスケジュール、新講座の作品のレシピとキット準備、毎月の単発の準備とキットショップの整備と受注をこなしながら、4月を無事に迎えたいと切に願います。


そんな中、我が家に義理の母が引っ越してきます!

母の部屋を確保するため、ワタクシの勉強部屋をあけなくてはならず…

あ、ウチは嫁姑の関係を超えて親子になってしまっているので、これからの家事が半分以上期待できる母には、ありがたいことなのですw

誰ってワタクシが一番うれしいらしいですね012.gif

母が来たら、一緒にご飯食べて、片付けして、カルトナージュのアイデアを聞いてもらって、一緒に試作してもらって…そういう妄想だけですでに幸せです。
でも母はどう思っているのかわかりません。
うるさい嫁の話を聞いてやって、ご飯もつくってやって、掃除洗濯までやらされて…と思っていたら、母は幸せじゃないですよね。
母にはたのしい生活を共にしたいと思っているのですが、母がどう受け取るのかはわかりません。
ですが、母にはラクさせてあげられないかもしれませんが、一緒に笑って生活する自信はあります。
母には変な苦労はさせたくないと強く思っています。
幼いころから母が苦労をたくさんしてきたことを聞いてきたので、ワタクシができることは苦労をさせないことだと思っています。
完全にムスメの心境なのです。
世の中の大半がそうじゃないというのですから、ワタクシは人より幸せだといつも感謝しています。



まだ生地やカルトンなどの材料や雑貨、壁面には数百冊の本がびっしり入っている書棚をこれから某有名ショップで10円で引き取って頂くことにして、タイトルを見ないように箱につめなくてはなりません。

2度読みする本の確率は1%もないのではないでしょうか。

なのに、売ることも捨てることもできず増え続ける本。

読みにくい本は途中のままになっていたり、まったく読んだ形跡もないものも。


断捨離…しています。


捨てるのは気持ちいい部分と惜しむ部分のせめぎ合いだったのですが、もうこれだけあると時間の無駄でもあるし、捨て出すと慣れてくるのが人間でして、これもやってみると案外大丈夫らしいです026.gif

パパにDVDも100本近く売ってきてもらい、10円がほとんどで、良くて100円でした(笑)

すごいのはアンパンマンですね。

1000円でお引き取りいただきましたから。

10円と1000円の落差は、需要の違いということですね。

物の価値はいかに人から必要とされるかにかかっているんだな、とこんなところにもワタクシたちの世界が展開されています。



カルトナージュは必要とされているのだろうか…?!

最近、やたらその問いかけにぶつかります。

いろんな人に好かれて、いいな、たのしいなと思ってもらえるカルトナージュづくりができているのだろうか?

ちょっと考えてしまいます。


昨日、お隣さんに比較的やさしめにイラレをレクチャーしてもらいながら、1作品の型紙と裏打ちプリントをつくりました。

1時間かからずにまぁ、なんとかできました。

これを自力でやるのはしばらく難儀ではあります。

でも、できないことはないのだ…と言い聞かせ、さらに自分のワールドを展開していけるきっかけになるかもしれません。

できないかもしれません。

自力ですべてやってみること…

すべてを限られた時間でこなすのです。

お隣さんの力を借りずにどこまで表現していけるのか…

今はまだなんとも言えませんが、効率を上げる更なる努力は必須です。

がんばれ、アタシ。






人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-03-01 17:36 | つぶやき | Comments(0)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧