<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

テクニカルエンボシングコース◇新設開講4月から

こんにちは、Fairytaleです^^


この春4月に開講する新講座 『テクニカルエンボシングコース』 カルトナージュに特化したデザイニングカットをメインとした講座がスタートします。

まずは、トレイにエンボシングをする効果を 『エンボシングトレイ』 で観察してください。

b0245259_18231458.jpg


波形に縁デザインされたトレイの外側や内側にエンボスする効果として、派手な演出というよりは、凹凸の細工により特別なトレイに仕立てられることで完成度がUPします。

ぱっと見は地味ではありますが、縁周りのカットの時のひと手間は、カットした本人と見る側が想像する細工へのエネルギーを感じて、カルトナージュ本体に力が出てきます。

陰影の効果は、ごく自然に内側から力強くうったえてきます。

b0245259_18233849.jpg


エンボスの凹凸での制約の中でこそできる表現を、じんわりと喜びを感じられる感性を育てていけるといいかなと思います。


b0245259_1832522.jpg


『テクニカルエンボシングコース』 では、Fairytaleデザインの絵柄のエンボス紙をアートナイフで丁寧に効果的にカットをし、カルトナージュに仕立てる途中の表面や内側面、フタ面などに貼り合わせ、布地を中心に表現していきます。

切り絵のような細かな表現をエンボスで仕上げることは、それだけで額に飾ってもいいくらいかもしれません。

Fairytaleでは、基本的に布の薄地を使った繊細なエンボスを提案していきます。

カット技術やコツをつかんでいただく 『テクニカルエンボシングコース』 の最初の6カ月は、Fairytaleデザインのエンボスカットを徐々に難易度をあげながらエンボスのカット効果的な表現や手法を学んでいきます。



その後、ご自身のお教室にてエンボス手法を取り入れられるディプロマを習得されたい方はさらに 『テクニカルエンボシングディプロマコース』 へ進めます。

フレームデザインやエンブレムデザインをディプロマ習得課題に取り組みます。デザインのコツとヒント素材の中から完成していきます。

デザイニングから学べることでご自身のオリジナルエンボスを作りだしお教室で展開していきます。


Fairytaleオリジナル絵柄も教室活動で使用できますので、始動準備のサポートになれば幸いです。


カルトナージュにおけるエンボスの手法をお伝えしていくことで、お教室でのレッスン内容の幅をもち、さらなる広がりとなるよう祈願し、たくさんの受講者様をお待ちしております☆



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-01-28 18:32 | コース | Comments(0)

Double sided shelf~両面使いのシェルフ~

おはようございます、Fairytaleです^^

 

b0245259_08230098.jpg

Double sided shelf~両面使いのシェルフ~

両面使いができる2段シェルフで、表面がエレガントデザイン、裏面はシンプルデザイン

 

シーズン単発レッスン

222日(土)午前の部9301330 /午後の部13301730

 

コチラのブログの案内版のゴールドバナーからメールにてお申し込み受付開始 
    ↓

http://blog.fairytale.shop-pro.jp/

 

 

 

カルトナージュでしっかりした棚をつくりたかったので、前々からデザインはできていましたが、何度もデザインを変えてパース画で全体の雰囲気を確認してから、試作しました。

 

一度でデザインが決まることはほとんどない中でも割と手直しをすることも少ないほうで、ディテールやサイズ感バランスを重要視しています。

 

いちばん悩んだのが、サイド側板のエンボシングデザインでした。

 

何枚も描いても納得いかず…お隣さんに相談してもいい返事もなく、時間をかけました。

最後はその中でもおとなしめなこちらのエンボスデザインをトレースしてもらい、なかば諦めモード気味でカットし、布を貼り合わせて装飾のストレッチフリルリボンをはわせたら…

 

あ、いいじゃない。

 

と布貼り後の雰囲気でだいぶイメージより仕上がりがよかったので、ちょっとテンション上がりました(笑)

 

あまり興味ないお隣さんも横目に 『あぁ、これならいいんじゃない』 

と、説得できたようで安堵。

 

 

毎回、試作はおびえながら 『これでどうだ?』 『これなら大丈夫?』 と何度も重ねていく作業の連続です。

 

ワタクシがよくても周囲の反応もそれなりに気になります。

皆さんの顔が浮かびます…

が、まずは自分を説得させるところが重要なのです。

 

シーズンレッスンは凝った作品づくりを提案していくので、誰にでもできるように工程手順を同時に練りながらいかにかんたんにらくにつくることができるようにするか…ここを熟考します。

 

毎月このレベルの作品をいくつもできないのが残念なところで、3カ月ごとのシーズンレッスンでなんとかやれるペースです。

 

 

今回のシェルフの構造は、ダイレクトに答えが出ていたので直しも変更もなく、想像通りになっています。

 

下準備が手間のかかる構造ですが、レッスンではさくさくと進捗するハズですから、皆様の反応をたのしみにしています。



b0245259_08402899.png
人気ブログランキングへ





by fairytalem | 2014-01-23 09:35 | レッスン | Comments(0)

エンボシングトレイ~Mediumチューリップ~


こんにちは、Fairytaleです^^


新しい年になって半月を過ぎました。

年末年始のレッスンは控えめにして、春からの新コースの準備で2つずつ制作するペースで進めています。


今日は、いちばんかんたん!…のはずのトレイが完成しました。


b0245259_16353932.jpg



こちらは、『テクニカルエンボシングコース』 のためのトレイにエンボスを施したものです。

エンボスコースでは、2時間枠という都合上カットがメインですので、カルトナージュづくりはございません。

ですが、カルトナージュに組み合わせする提案としてカルトナージュのレシピは、受講者様にお渡しするのでご自身でカルトナージュに仕立てられます。


エンボシングトレイ~チューリップ~は3㎜カルトンボアを芯材にした贅沢なものです。

縁周りの3㎜をきれいに出した方が波のラインが効果的になります。

布クロスは厚みが出ることもあり、それを意図して厚みを利用し波の面の歪みをフォローさせます。

b0245259_16362286.jpg


この布クロスは2重折りになっていて、カットがイマイチきれいににできなかった場合にも、レスキューになるという…下準備がチト手間がかかります。

その甲斐あってか、まずまず。


この他にもう1種類スモールサイズのトレイのスカラップちゃんもスタンバッております。


   056.gif     056.gif     056.gif


昨夜はムスメが卒業式の時の伴奏候補になったので、アトリエで猛練習していました…

『え?やる気あったの』 とこちらは無関心に近かったのですが、ピアノのレッスンに行って久美子先生に候補になった話をしたところ、状態を見せたらしいんです。

『1週間なにやっていたの?』 と、言われさらにやる気があるのなら明日プライベートレッスンにいらっしゃいということになり、7時にレッスンから帰宅してから10時まで夕飯抜きでヘッドフォンをして弾いていました。


ワタクシはここは関わっていないので無言でこのトレイを作っていました。

大人を振り回す気まぐれなムスメ。

『指が痛い』 『腰が痛い』 など文句を言いながら弾いているので、

つい 『弾きたい気持ちがあればそんなの感じないよ』 と言ってしまい

 『ママちゃんだって肩がこったとかよく言うじゃん』 

 『……(確かに)』


ワタクシは11時半まで頑張って、後を追って自宅へ帰りました。


要領の悪さと言ったら…親子の証明でもある。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-01-19 16:40 | コース | Comments(0)

システムキャビネット◇ベースキャビネット

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



こんにちは、Fairytaleです^^


b0245259_9515777.jpg


昨夜に扉をやっとつけて、試作しました。


こちらは『システムキャビネット』 のベースキャビです。

この上にミドルキャビがのっかります。

そして、トールもさらに…

明日は、ファニチャーのこちらのベースキャビネットを組み上げます。



受講者様おたのしみに。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-01-10 09:54 | コース | Comments(0)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧