<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

蝋画

こんにちは、Fairytaleですemoticon-0100-smile.gif

朝は吐く息が白く、これから本格的な冬到来といった感じです。

1日は自由が丘での単発レッスンと初級コースのレッスンで7時間通しのレッスンとなります。

2つ受講されるやる気満々の方々もさすがに集中力が切れるのでは?と少し心配気味ですが、見守りたいと思います。

来月早々には、前橋アトリエにて製図コースを受講される方、補習される方もいらっしゃいます。

皆さん、宿題大変かと思いますが頑張ってください。


昨日の日の出です…
b0245259_1081055.jpg



学生の頃、造形美術の油彩科の先生がよく言っていた言葉が 『僕ら教師は、この空間と環境を提供することが君たちに与える仕事』 と言って鼻歌を歌いながら、作家業である油彩画を描いていました。

学校で描く~?と思いましたが、今思うと学生が描いているのを見るともう描きたくなってしょうがなかったのでしょうね。

長老先生も在籍されていて、当時77歳の蝋画の創始者でもある豊田一男先生からもいろんなことを教わりました。

第二次世界大戦で中国へ出征され、また詩人でもある才人でした。

当時『蝋画の技法』という書籍まで発刊され、私も先生から1冊いただきました。

週に1回2年間、豊田先生の授業を受けるのはとてもたのしみでしたし、唯一特権のようにも感じていました。

蝋画とは、着彩した絵の上に蝋を溶かし意図したところに塗り、蝋を鉄筆で削りとり時にはドライバーで、墨を上から塗り浮き上がらせる絶妙な独特な技法でした。

蝋のてかり具合や荒々しい削り方は私にはフィットしなかったのですが、先生が独特でユニークで唯一無二の存在だということだけは、皆わかったいました。

作風は、ルーマニアの画家ビクトル・ブローネルの蝋燭デッサンから考案されたそうで、新ジャンルを確立されました。

主題となるモチーフは核戦争や環境汚染、エコロジーへ一環したものでした。

原子力や蝕まれた地球、擬人化された存在(頭部が鳥のようで身体が人間の魔物?)など現在の地球問題を30年前から表現していたのです。

バレンタインのお返しにいただいた、和紙に描かれた豊田先生にはめずらしい水彩画は、今でも保管しています。

『招かれざる客』というタイトルがつけられていて、それがその魔物です(笑)

晩年のテーマだったようですが、そのエネルギーの強さには強烈なものがあり、頂いたその絵を玄関に飾ると…本当に 『招かれざる客』 が来るのです!…なので、今は外して保管しています…先生ごめんねemoticon-0106-crying.gif

先生の生徒でもある数名の方々が今も蝋画を受け継いで作家活動をされています。

たくさんの生徒さんがいたはずですが、私の年代にとても近い方が受け継いでいるのに驚きました。

豊田先生から師事されて3年もしないうちに亡くなったので、私の年代の生徒は晩年です。

『私の蝋画は全国から求められていて、出張で教えているんだ。 皆は毎週何十時間も蝋画を描いているんだから、蝋画の先生だぞ』 とよく言っておられました。


先生の蝋画への情熱を継承されていることがわかって、ほっこりしています。






人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-11-29 10:02 | つぶやき | Comments(2)

シンクロ

怒涛の2週間でした~。

そんな中、昨日のレッスンの終盤頃、人影が見えたので隣の事務所をのぞくと…

パパの小学生からの親友のTさんが都内から久しぶりに遊びに来ていました。

数年前まで前橋に住んでいた頃までは、特に20代はTさんがシングルだったのでよくご飯を3人で食べたり、車好きもあって新車が納車される度に試運転といってはドライブに出かけました。

私も5代目のWISHは今回は長いお付き合いですが、車検前に乗り換えていたのでCR-X→セリカ→エスクード→ワゴンRR→WISHとエアロ仕様系が多かったです。

TさんがWR-Xに乗り換えた時、まるで暴走族のような爆音に当初周囲はどん引きしていました。…本人はいたってふつう。ヤンキーでもありませんし、寧ろまじめを絵にかいたような人物。

今は、そんなこだわりもなくなっていき、おじさん的おばさんになってしまったような自分。。。

結婚して子どもができるまで10年とお気楽だった時代が長かったので、今が遅めの子育て時期。


20代の頃は何をやっていたのかと昨日ふと話の流れで思い起こしていたところ、いきなりのTさんの姿を目前とし時空間のシンクロに、エラくびっくりしてしまいましたemoticon-0104-surprised.gif

毎年のようにバンガローへ出かけ、20人部屋の1棟を借りて、屋外の料理ではないようなピザやパスタ、ディップ、けんちん汁といった下準備のいるものをつくり、しまいにはうどんをパパに打たせて、腕がパンパンになってつくったのにまずかったことなど~本人談~を思い出しました。
トーナメントテニス大会と題して20人以上集めて開催したり…誰がテニスをやるんだ?的な空気感たっぷりだったような記憶までが蘇ってきました。

若かった時は、今よりもエネルギッシュだったんだね~と有り余るエネルギーをもてあましていたことに驚きます。

群馬にいる子は、みんなスキーとかやっていて上手なんだと思われそうですが…ワタクシは違います。

もっぱら、初級コースの白樺や松が立ち並ぶロマンティックな爽快な空間をふら~っとなだらかで穏やかなコースをゆったりと力を使わずに滑れるところしか滑りませんので、ロッジでヌクヌクして温かい飲み物で雪景色を眺めていることが本命のようでした。お気に入りは水上高原スキー場~好きな飲み物を新雪の中に隠し入れておき、スキーで火照った身体にはしみるらしいお酒を飲んでいる仲間たち。…お酒飲めないワタクシにはそのように見えました。

一度、弟に上級の激しい険しい絶壁にしか見えないような所まで連れていかれた時は、もう恨みましたね。
その挙句、姉なのにお尻をストックでぶたれて『降りろ!』と鬼教官のごとく命令されたことは、今でもはっきりと覚えています。…いまだ恨んでいる。
その時のメンバーは、プロスキーヤーになった弟の友人もいたりして、初級コースぐ~るぐるのワタクシとでは天地の差のレベル。

人間とは、やりたくないことにはとことん強制されてもやらないもので、やりたいことは邪魔されてもやれるものです。


ワタクシのようなものは、外側からの意図に影響を受けることは難しいことなのだなとつくづく思います。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-11-19 10:05 | つぶやき | Comments(0)

レターラックドロワーのレッスン

こんにちは、Fairytaleです∑(◕ฺˇ∀ˇ◕ฺ)


レターラックドロワーの試作ができました。

封筒を横に入れるとこんな感じ。

b0245259_1032980.jpg


ラックの底は5㎝ちょっとありますので、たっぷり入ります。
とっておく必要のあるDMや、一時置きとしても活躍しそうです^^

引き出しと足元のウェーブ飾板の柄合わせもしてみました。

b0245259_1041328.jpg


これは気合い入れなくても合わせられます。

MODAの薄地プリントで気軽につくっていただこうと思い、高価な生地ではなくてもクラシカルに品良く仕上げることはできるかな…と思います。

背板と天板はMDFが芯材で、カルトンよりも硬質であり、ある程度重さもてつだって、しっかりとした重厚なたたずまいになります。

…MDFのカットの感触が慣れなくて、カットペースはかなり落ちてたくさん製造できないかな。

前回の単発のソーイングボックスよりも比較的かんたんに仕上がります。

これぞ、完全キット化ですね☆

初心者さんでも(引き出しは宿題になります)ある程度の完成形までレッスン時間内にできるかと思います。

『レターラックドロワー』のレッスンは、11月30日(金)12月1日(土)(自由が丘コチラのブログで受付中です。






人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-11-06 10:10 | レッスン | Comments(0)

去年とは違うわ


こんばんは、Fairytaleですヾ(*´∀`*)ノ

先日の『空間のある時計』の完成した様子を、Yumikoさんのブログポワドロースさんで紹介しています。
ブルーが一番人気だった中、唯一ピンクを選んだYumikoさん。   ↑ ご覧になってください。




明日は、アトリエレッスンの後、学校で担任の先生と対面で子どもの教育相談があります。

去年の学級崩壊(この時の話はコチラコチラの記事)とはうって変わって、2クラスを1クラスにまとめた34人の田舎の標準的な3年生の様子になっている。紆余曲折あって、2年生の時の担任の先生は確かに教育者としては弱いものがあったが(失礼ながら)人間としては、味があって子どもにはやさしくて受け入れてくれる先生はほっとできるようであった。

いろんな先生と関わっていくこともとても大事な経験となるのだ、と今ならそう思える。
3年生になって今度の先生は、中学から来た先生らしく理数系っぽい感じの、去年の担任とは真逆なキャラのようだ。子どもたちが言うには、生徒の話を聞いてくれないという。田舎ではめずらしく教育に熱心な役員をよくやっているKさんの話によると、子どもが先生に事情を話そうとする前に請け負ってくれないという姿勢で接しているというのだ。…ま、よくある光景ですね。

先生も間違うし、怒るし、情けがあったりと人間味溢れる方が本来は自然なものだ。

ワタクシはとっても苦手な担任でもある。

掴めないのだ。

授業進行はフラットに問題なく進行しているようだった。

去年のこともあるし、それならよしとしようと思うことにママ友たちとも同意した(笑)

しかし、ひっかかるものもある。

ムスメは手を挙げまくっても全く指されないことをとても不満を持っている様子で、2学期になってから何度も聞いている。

『手を挙げない生徒を指すことで授業に参加させることや、自信なさそうな生徒を指すのは先生なら普通だよ』となだめたが、猛烈に反発してきた。

やる気がなくなると言うのだ。

『まぁ、まぁ…いいじゃない、それくらい。ママちゃんなんてね、指されたくないから下向いてるとよく指名されてイヤだったよ~』

『いいね指されて。それ自慢?』

相変わらず、ベクトルの違う親子なのだ。

去年とは明らかに違うことがある。

b0245259_17473146.jpg


ムスメたちが成長しているということだ!

去年の問題はもうないという当たり前なことだけど、なんだかうれしい気がした。

子どもたちの成長は、日々進化している。

ワタクシたち大人ときたら、どうだ?

昨日と同じ心配ばかりしているではないか?!しっかりしなくちゃ。


… 去年はママ友いなかったんだemoticon-0125-mmm.gif

文中でママ友とサラりと言ってのけているワタクシ(笑)

去年とは違うわ~emoticon-0105-wink.gif

若いと思う~今年の人よ~♪
声が違う 年が違う 夢が違う ほくろが違う 
ごめんね~去年の人と また比べている~♪

すんません、どうしてもこの歌詞が出てきちゃって…
百恵ちゃんのイミテーションゴールド。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-11-01 18:18 | つぶやき | Comments(0)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧