<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ダウン中です

こんにちは、fairytaleです(^^;

今月のレッスンが終わってほっとしたのがいけなかった…
扁桃腺が腫れて熱と鼻水、間接痛でダウン中┐('~`;)┌

そんななか、たくさんの方々からうれしい近況メールやお電話があり、すごい反響でしたf(^_^;

これといったブログでもなく、思いついたことを書いているだけの、ゴミ箱にいれてもいいような稚拙なブログに、間違えてたまたま来てしまったのだと思っています。

ダウン中に連絡くださった皆様、お陰様で気分が盛り上がってきました!

どうもありがとうございました(^з^)-☆


こんな具合の時に限って、今朝はムスメの遠足登山。コンディション悪い天候で赤城山を登るなんて…落雷事故が発生している変な陽気です。少し心配…

今朝は頑張って豪華なお弁当をつくりましたよ!
フルーツたくさん詰めて保冷剤入れて持たせた…フラフラになりながらこれくらいしてやらなくちゃ!と時間内に完成し、遅刻せずに行ってくれたなーと思ったのも束の間…

お箸セットわすれた!

体育帽子わすれた!

あ~もう赤城山登ってるよ~┐('~`;)┌


やっぱりどこか抜けている(泣)


熱があっても家に居ると溜まった家事を消化しなくてはならず…日頃家族貯金をしていないと休めないのだ。
これからまた、横になってちゃんと治します。

いつも応援くださいまして、感謝しております☆





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-29 14:46 | つぶやき

弱視

こんばんは、Fairytaleです^^

今夜は、とても静かな夜ですね。

昨日、今日とアトリエでカルトナージュのレッスンがあり、無事に終了しました。

最近、こちらのブログともうひとつのメインブログの両方の参加しているランキングが、急上昇して戸惑いを覚えています。
マイペースにやっていだだけなので、不思議で仕方ないです。

ブログだから、普段話せないコアなこともサラッと書けてしまうのがストレス発散となり、ワタクシは結構気に入って更新をしています。

何人かの方々から、ムスメの眼のトレーニングのことで励ましのメールを頂きました。。どうもありがとうございました(__)


実際は毎日の生活の中で息をするように眼のトレーニングをする、というのを目指していました。
特別なこと、大変なこと、と意味づけすることは彼女にとって試練となります。

だから、眼のトレーニングの意味を深く理解できない年齢だったムスメに【当たり前】の日課としてやることは、たのしいことに繋がらないと継続していくことは困難になります。

そういう時期もありましたが、思ったよりムスメは今から振り返ってみるとちゃんと理解していたんですね。時々、幼稚園の頃はぐずを言ってやらないよう逃げたり、疲れて寝てしまうこともじばしば。それを他人は、可哀想にと休ませたり、今日はやらないという既成事実となるようなことを無責任に提案します。

それで、誰が喜びますか?
可哀想と言っているいかにも心配している優しい人が一番、ひどいことをしているのです。

そのことで、当時私達はかなり苦しみました。
人とムスメのことをシェアしようなぞと、淡い期待を持とうものなら、かえって無理解から生じるストレスに悩まされるのが落ちですから、世間と隔離した生活をずっとしてきたようなものです。

たった1日休んでしまったことを憶えたムスメは、また休みたくなります…当然ですよね。
ムスメの視力が上がるタイムリミットは6歳(発覚当時あと1年)までと言われ、まず無理だとはっきり眼科医の先生から言われました。4時間も毎日椅子に座って細かい文字を拾ったり、迷路やパズルをやれるわけがないという至極当たり前な見解を言い渡されました。

15年前に発覚した知人の弱視のお嬢さんは、手遅れと言われた9歳か10歳に黒板がよく見えないことから片目が機能していないことが判明し、今現在は視力が落ちる一方でひとりで外出できなくなったそうです。残念ながらいずれ失明するでしょう。当時の知識レベルでは、今以上にまったくといっていいほど解明されていなかったそうです。

ムスメは、それでも運よく5歳のときジャングルジムから落ちてきたお友達の靴のかかとが左目に直撃し、眼底出血のケガで近所の眼科医に保育園で連れていってもらいケガしていない方の右目が見えていないと判明しました。

奇跡のケガでした。

真っ赤に出血した白目のおかげで、落ちてきたお友達のおかげで、園長先生のおかげで、偏屈医と言われた眼科医の先生のおかげでムスメの弱視が発覚したのです。

『ムスメさんの眼のことで大事な話があるそうです』と園から電話を受けた時は、『ムスメの一大事が起きた』とワタクシの直感が走り、運転する手はぶるぶる震えて、歯もがちがち音を出したのをハッキリと記憶している。

『無理だろう』『何故大変か意味を知るだろう』『失明する』という言葉だけがこだました。

その晩からパパと向き合って嘆く間もなく、ムスメのタイムリミットまでに何をするか?
そのことだけに集中して、その晩にネットで集めた有効なことをさがした。
まず私が、文字拾いをさせる前におもしろそうなキャラクターの絵を小さくしたものをランダムに散りばめて『ティンカーベルをさがして』と題した遊び感覚のトレーニングカラー紙をプリントしまくった。

すぐに飽きてしまうことは見積済みで、発覚した日の晩から1週間夜な夜なキャラクターたちの用紙を作った。もの凄い勢いで、毎日毎日つくった。

そして、素人のワタクシは1週間目に、ダウンした。

同時にムスメも熱を出してダウンした。

ちゃんとこの子は受け取ってくれていると、隣で確信した。

見かねたパパが、仕事をセーブしながらもっと効果的なものを提案していった。
グラフィックデザインからウェブデザインへ移行したプロの仕事っぷりだ。
細かい升目に、読める文字を散りばめて指定した文字を赤ペンで塗りつぶすと、ミッキーが出てくる絵から、時間の経過と共に、複雑な絵に彼女の成長に合わせたものを時間を作っては、1枚2時間かかるものそれ以上手間のかかるものを、ムスメは10分、遅くても15分で解いてしまう。

去年の夏頃、パパとケンカしてムスメのトレーニング用紙1枚2000文字をマジでやらされたことがあった。

本気のワタクシは25分かかったのだ。

ムスメの15分は驚異としかいいようがない。

まさに、トレーニングだ。ぐうの音も出ない。(ムスメはほこらしそう)

遊びたい盛りの5歳の発覚時、幼稚園へ切り替えて2時のお迎えの後、容赦なくトレーニング開始し、6時までみっちり頑張ったムスメ。
お昼寝の習慣はその日からなかったことにしてもらった。

とにかく、ワタクシは鬼となったのだ。
嫌われてもいいと自分自身で確認し、遂行した。

唯一の逃げ場はパパにとっておくといった配慮は当然である。


最初の3ヶ月後に、視力なしから0.7まで視力が出た時は、群大の眼科助教授は、すごいとムスメを褒めてくださったのにワタクシが不覚なことに泣いてしまったことは今でも忘れられない。

もちろん、眼鏡をかけた状態での視力である。

3才までに弱視が発覚しない場合は、経過年齢に比例して困難な条件となる。

中には信じられないのだが、弱視のお子さんをコントロールするのが難しいことを理由に、トレーニングをあまりさせずに、DSやTVゲームにまかせっきりの親御さんがいるそうです。大多数ではないだろうか?
眼科医は半分、致仕方ないと思っている様子だった。

ワタクシは納得いかなったので、できる限りのことは情報も把握し、手間もかけるつもりでいたので周りがどうであろうとそこには関心がなかったのだか、研修医から耳にしたのだが(教授や担当医とじっくり話す時間なぞないのだ、ひとり精々2分もあればいいほうだ)DSを中心にやっている弱視トレーニングでは、当然脳への刺激は慣れとなり視神経に働きかける力はやらないよりましといった状況で、4ヶ月で0.8→0.9に上がればいいといったペースなのだそうだ。

私たちは、デメリットを削除するためゲームので画面は眼の疲労と相殺すると効果が半分になるというデータや実際に眼科の研修医でさえ知っている情報だったので、一切ゲームはさせなかった。
そういえば持っていたDSは母にあげたままだ。

ムスメには、そんな悠長にDSをする時間はないのだ。

最初の訓練の文字拾いは、新聞の文字の『た。』を赤のボールペンでマルつけするのに1週間ももたなかった。
それは、意味のないことを『必要だから』といわれて渋々やらされているのは視神経にいいストレスすら生まれない。

今、ムスメは8歳と2ヶ月である。

タイムリミットと言われる年齢をとうに過ぎた。

人間には『個人差』という曖昧な枠や『制限をかけないと奇跡が起こせる』それこそ『目には見えない力』がある。

私たちはそれを強く心から信じきっているから継続していけるのだ。

金メダルをとるつもりでオリンピックに挑むそれと同じように、ムスメにも臨んでいる。

私たちの合言葉は『後悔しないようにトレーニングをさせること』だ。

あと、2年もすれば眼科医からは免許皆伝となる。

そう、どんなに泣いても笑っても10歳までのデータしかこの世に存在しないのである。

ムスメは一生眼鏡ははずれない。

眼鏡をクラスメートからからかわれることを悲観したこともあったが、ワタクシは眼鏡をかけた方がかわいいと思っている。

それを伝えると速攻で否定してくるのだが、何度でも言ってやる。

ムスメが眼鏡を好きになるまで言い続けるつもりだ。






人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-26 23:53 | つぶやき

金環食後の検査結果

こんにちは、Fairytaleです^^


昨日の天体ショーは皆さまご覧になりましたか?

ワタクシは、チラ見はしたものの、PC前にいたため作業に没頭している間に終わってしまいました。


『そんなことより今日は検査の日』


4か月ごとに眼の検査をするムスメ。

もう慣れてきた様子だけど、移動の車中では無言が多い。。。

すっごいおしゃべりで『うるさーい!運転に集中できない』と毎日ワタクシに叱られても、この日ばかりはさすがに緊張を隠せない。

久々に、検査を全部付き添ってみた。

この忍耐力を要する検査を幼稚園からやってきたんだよね…と、つくづく感慨深く感傷しました。

正確な視力を測る検査なのですが、子どものキモチとしは少しでも数値を上げたいから、ねばって眼をこらして読もうとする。

『検査は無理やり見えることがいいことじゃないんだよ。正確な視力を知るためのもので、がんばらなくていいの』と言っても合点がいかないらしい(笑)

アナタのキモチもよーくわかるよ。



1月30日の最後の検診から4ヵ月間、毎日2時間のトレーニング。文字拾いA4の用紙に米粒サイズの文字が約2000文字特定の文字を拾いまくるのだ。この愛の用紙を5枚1時間半で済ませて、迷路やパズルなど眼を使うことをやり続ける。

この愛の用紙とは、パパが制作したとびきりのやつ。

アルファベットがごちゃまぜに細かいマスの中に何万とちりばめてる。
その中から『Sを赤ペンでまるつけてね』とそれぞれの問題通りにひたすら指定文字をまるつけていく作業を脅威の速さでやってしまうのだ。

最初から、ムスメはそんな感じでものすごい速さで解いてしまう。

何故そんなに早くやってしまうのか…子どもの心理をついて『まるをつけた部分が線となり、大好きなキャラクターが浮き上がってくる仕組みになっている。

パパが制作するのには、ムスメの大好きなキャラクターを下絵にPC作業とはいえA4で2時間はかかる。
2000文字ひたすらパパもコピペしまくっている。
はたから見ていると痙攣するんじゃないの?という地道すぎる作業。

『これが仕事だったら絶対やらない!』ような気の遠くなる作業を誰のためでもなくムスメのためだけにやってきた3年間。

一昨年の話だが、ムスメの視力UP効果を絶賛した群大の眼科の教授(当時は助教授だった)とのやりとりの中で、『本を出版できますよ』と何度も協力を約束してくれたにもかかわらず、純粋にムスメの視力があがることを優先するだけで精一杯だった当時の私達は、丁重にお断りをした。

よくよく考えてみると、出版でお金が入ることを強く拒んでいたパパとワタクシは利己的すぎるのではないかとも思った。

そして悩んだ末にワタクシたちらしい答えは『全てのトレーニング用紙の原紙を群大へ無償で差し上げること』にした。500枚近くあったかと思うが、今は更に700種類はあるではないだろうか。
ちなみに、キャラクターたちは『かつおとたらちゃん』『ちびまるこちゃんとおじいちゃん』『ジャイアンのリサイタルショー』『くまの子ジャッキー』と可愛らしいものやジブリ映画TVもの。今は『初音ミク』(^^ゞ


その甲斐あってか教授から『たくさんの子どもたちが助かっています』と素顔は淡々としている教授もスマイルで毎度ごあいさつくださる。


『お金には代えられないもの』をワタクシたちは学んでいるところだ。



そうそう、検査結果は…
幼稚園5歳時には片目の視力はほとんどなかったので毎日4~5時間のトレーニング!→0.8→1.0→1.2と去年の夏には見える方の視力に到達し(これがMAX)ムスメの反抗期とほっとしてしまった為に、トレーニングを毎日せず適当に1時間やらなかったためその半年後0.8に落ちてしまったのが、前回の検査時でのこと。

今回は4か月間2時間のトレーニング(学校生活時間が長くなったためこれ以上は睡眠にかかわるため)に戻った成果は…

0.8→1.0053.gifにあがりました!

そして、終了!ではございませ~ん。
教授も苦笑いしつつも、がんばったね~と仰ってくださいました。


継続して視力を維持する&できたら1.2マックスまで伸ばしてやりたいです。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-22 14:06 | つぶやき

金環日食の意味

おはようございます、Fairytaleです^^


天体ショーはご覧になりましたか?
巷ではすっかりイベント行事の扱いですが、本来の宇宙的意味を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。。。

前回の金環食は幕末でしたね。
24年前は沖縄で観測された年は昭和天皇が沖縄へ行かれる予定が、体調を崩され行かずにすみました。
民意の反乱という流れを受けるため、クーデターのような時代が訪れると言われています。

特に、日本のように変化を嫌い何事もなかったかのように表面上で取り繕ってきた今までは、今後この金環日食を境に行き詰まっていき中央の力(権力)が急速に弱っていくようになるとも捉えられています。


変化を余儀なくされていくということです。


星の意味を勉強していくととても面白いことがわかってくる。


今日の金環食の天頂にあるのは天皇星で、新しい時代をつくる星が位置しているのは、新しい発送や発明、発見が今まで隠されていたことが明るみに出る。。。。一般の私達に開示される時期なんだというのだ。

今までの古い執着もそれなしには生きていけないと思いこんでいた価値観さえも、手放さないとこれから生きていくことがさらに困難になるようです。

いままでやったことがない行動もとてもいいエネルギーを生むと思うので、難しく考えないでたとえば、車通勤から自転車通勤や電車バスに変えてみると今まで気がつかなかったことや、新たな発見をしていくかもしれない。


個人的展開では、変化を望むとその結果も今までよりすごい速さでやってくるように感じます。

恐がらないで、そこで立ち尽くしていないで、まずは今までの習慣化したことから離れてみてはどうだろうか。


仮に、そのままで変化を受け入れないでいることもかなり難しいと思う。

何故なら、周囲や状況がそのままではないからだ。


私達肉体をもってこの地球にいる限り、自分独りだけですまされない生命体でもある。

それゆえに、家族に依存したり誰かをコントロールしようとしたり、して誰かと繋がっているように錯覚している。
そんなことで繋がっていようと思うのはこれからはもっと難しいことになるはずです。


どうせ変るんだったら、自らの方をおススメします☆


今後の変化を見届けようと思う。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-21 08:52 | つぶやき

ミラー収納

こんにちは、Fairytaleです^^


6月の自由が丘レッスンの作品です

b0245259_1655499.jpg



こんな感じに仕上がりました。

TILDAの生地を2種類使いした仕様です。

参加される方はお好きなTILDを選んでくださいね☆

表ミラー面 ↓
b0245259_16564699.jpg



背面収納 ↓
b0245259_16571920.jpg



詳細ブログはコチラ ↓ お申込みもコチラのブログ最後の欄に記載しております♪
http://blog.fairytale.shop-pro.jp/


人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-17 16:58 | レッスン

6月のレッスン作品製図

こんにちは、Fairytaleですヾ(o´∀`o)ノ

今日は、来月の自由が丘のお教室レッスン【ミラー収納】の製図までの途中経過をパチリ。


b0245259_16361328.jpg



さて、どんな仕上がりとなりますか。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-11 16:39 | レッスン

ひとりGW

こんにちはFairytaleです^^


今日は子どもの日。

予定していた【子どもの国】に行くこともなくなり、かわりにパパの実家・義弟家族たちとみんなで親戚の家へバーベキューにお呼ばれして行ってしまいました。

帰りは足利パークへよってお花を見てくるそーな。


さみしいGWですって?

いいえ~たまにはひとりもいいもんですよ001.gif

今日は、レッスン用キットの型取りとPCに向かい5月のレッスンのレシピをつくりました。

…やっぱりさみしいじゃないって?

いえいえ、そうでもないんですよ~

ひとりのよいところは誰にも邪魔されないところ(^.^)
怒り対象がいないことって自分のことに集中できていい感じ♪
お陰でさくさく進むすすむ(笑)

それに、結構ひとりで頭の中で色々考えたり分析したりずっとひとりでしゃべっているのとおんなじ!



あ、気がついたらお昼ごはん食べなかった。半日断食完了☆

もうひとつレシピ作っちゃおうか?



こんな感じのレシピをレッスン参加者さまへお渡ししています。工程写真付きレシピだから、思い出しやすいでしょう?
b0245259_16424389.jpg





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-05 16:44 | つぶやき

GWはいかがお過ごしでしょうか?

こんばんは、Fairytaleです^^


GW中盤…皆さまはどちらかへお出かけですか?

我が家は、GWのことをすっかり忘れているような生活ペースで、今更予定を入れても混雑しているし…
疲れが増しそうなので、ふれずにそのままにしていました(^^ゞ

このまま黙っているはずもないムスメ…
とりあえず、太田にある『子どもの国』に子どもの日は無料のはずだから、姪っ子も連れて行くということでごまかしています(笑)

一昨日は、高崎の『観音山ファミリーパーク』へ弟夫婦たちと(我が家はパパ抜きで)だだっ広い園内にふわふわドームやジャングルジム滑り台などの定番がある開放型スペースといった比較的新しい施設で遊ばせてきました。

いまどきは、遊具のサッカーボウルやバイクなど持参して無料の広い芝生の施設内に、一応救護室や食事スペース、あずまや、広い園内にはまんべんなく自販機だけはある…
こんなシンプルな無料開放型の広い園が気楽にお弁当をもって遊びにいけるのがいいのかも。

子供向け一輪車や自転車も無料で貸し出していて、ムスメは得意の一輪車をのって遊んでいました。

ワタクシは…子どもらにはついていけないので、姪っ子のまだ6ヶ月の赤ちゃんとふたりで留守番。
シートの上で子ども用『かっぱえびせん』を食べながら、のんびり日焼けしました。
一番手のかかるムスメと甥っ子を弟と嫁にまかせて、いい気なもんよね。はははっ。

弟の家に帰宅してから、また砂遊びやままごとなど暑さでのぼせたのでしょう、ムスメがハナジを出したところで休憩。。。
子どもの遊びにずっと付き合える大人ってすごい。

夜に帰宅する車中であんなに元気だったムスメも無言。。。つかれたんでしょう(笑)


遊びを見ているとまだまだ子ども。
ずっと子どものままでいてほしいような、気もします。






人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-01 19:47 | つぶやき

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧