カテゴリ:カルトナージュ( 21 )

お道具箱単発レッスン◆ヨーロッパ風ハンドル付バージョン

b0245259_17595174.jpg

ごきげんいかがですか?Fairytaleです^^

◆お道具箱単発レッスンのご案内◆

●11月19日(日)10:00~15:00途中外ランチ休憩含む

外苑前駅徒歩8分青山教室にて
参加費:和風バージョン6000円/ヨーロッパ風7600円
※お稽古の和小物カルトナージュ受講される方は▲1000円お値引きサービス♪
※ランチ休憩は近所へ出掛けます。
※初級者さんはご相談ください。


★お名前
★メールアドレス
★当日連絡できる携帯番号か携帯メルアド
★和風(A.B.Cセット)かヨーロッパ風(連絡後各自にショートメールにて送付)各3種類からお選びください。

こちらのFairytaleオフィシャルHPからお申込みください。


b0245259_17593160.jpg














人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2017-11-17 18:05 | カルトナージュ

和小物カルトナージュお稽古◆お道具箱先行単発レッスン

Fairytaleのカルトナージュレッスンのご案内です♪

急遽、先行の単発レッスンを青山教室(外苑前駅徒歩8分)にて、
今週末開催します。


●11月18日(土)10:00~14:00
●11月19日(日)10:00~14:00
※初級者の方は2日参加で完成させますので、レッスン料プラス2000円別途となります。


【和小物カルトナージュ◆お道具箱つくり】

●参加料6000円(お稽古受講の方は5000円)
内訳:レッスン料1500円 キット材料費4500円

●初級者さん2日間レッスンとなりますので、プラス2000円別途申し受けます。

参加費は当日現金にておつりのないように用意くださいませ。
生地サンプルセットは、こちらのブログにて↓
お道具箱サイズ[24×14×H8㎝:]
カルトナージュのお道具が入ります。
ペンやカッターが入るクリアケースの筆箱もおつけします♪
b0245259_15492530.jpg






























人気ブログランキングへ





by fairytalem | 2017-11-15 15:54 | カルトナージュ

『和小物カルトナージュ』募集開始

ごきげんいかがですか?Fairytaleです(*'ω'*)


今月『和小物カルトナージュ』が始動する前に、お道具箱を希望者のみ
参加費(材料キットと受講料すべて含む)6000円にて、
カルトナージュのお道具入れのバックをつくります。
『和小物カルトナージュ』のお稽古レッスンに通われる方は、さらにサービス価格に設定します♪
お道具箱のみ単発レッスンで参加されても、もちろんOKです♡



日程と開催場所
●11月18日(土)AM10:00~15:00(ランチ外出1時間含む)
●11月19日(日)AM10:00~15:00(ランチ外出1時間含む)

【青山教室】
外苑前駅徒歩8分※詳細は予約後お知らせ


《和風カルトナージュお道具箱つくり単発レッスン》
どなたでも参加できる単発レッスンです。はじめてさんも上級者さんも♡
カルトナージュのお道具入れをつくります。
内側に友禅紙をつかったお稽古用に移動先へ持ち歩けるお道具入れ♪
お裁縫道具入れとしてもお使いいただけます(*'ω'*)

生地セットは3色セットからお好みをお選びいただけます。
『和小物カルトナージュ』お稽古を受講される方は、5000円にてお道具箱レッスンを受けられます♬
ティータイムもございますので、おたのしみに!



『和小物カルトナージュ』お稽古お月謝制毎月6500円
12月第三か第四土曜日にお稽古がはじまります♡
1年間大作含む5作品を丁寧につくりましょう。
難易度は上級者向けですが、すべてキット化した課題作品となりますので、
安心して受講いただけます。


●茶箪笥(2.5時間×3回完成予定)
ワイド23㎝の飾り用ディスプレイタンス
b0245259_15155289.jpg















●筆箱(2.5時間×1.5回完成予定)
ワイド25㎝深型のトレイ
b0245259_15190630.jpg














●筆立て(2.5時間×1.5回完成予定)
ペン、定規、眼鏡などさまざまなサイズが入るようにデザイニングされています。
b0245259_15205261.jpg














●収納皿(2.5時間×2回完成予定)
ワイド27㎝の浅型のアクセ収納、両サイドに小物収納付き。
●階段引き出し箪笥(2.5時間×3回完成予定)
2段引き出しにOPENスペース棚の飾りタンス。
b0245259_15213569.jpg
















お申込みは、こちらのオフィシャルHPのフォームから♡














by fairytalem | 2017-11-04 15:38 | カルトナージュ

和小物カルトナージュ~新講座おけいこがはじまります!

b0245259_15545495.jpg

半年近くブログを更新しています、Fairytaleです( ;∀;)


画像は来月青山教室にて(外苑前徒歩8分)11月の第3第4土曜日からスタートする『和小物カルトナージュ』の1年間で5作品つくるコース作品です。
お月謝制で毎月6500円で1年間5作品のキット材料費、レッスン料すべて含んだ破格での新講座です♡
この本格的なカルトナージュ枠を超えた茶箪笥や階段引き出しなど大作ばかりの課題をラインナップしました。
募集は来週中連休明けにブログとHPにて、開始します!
定員数が少なく午前と午後枠で4席×4=16名様までとなります<(_ _)>
はじめてさんでもできるようにサポートするため、少人数制4名としました。
講師の方もご参加いただけますので、垣根のないカルトナージュ情報を享受してください。
良質な材料を心材としたカルトンボア仕様も含むこれまでのFairytaleの講座を受講された生徒さんには低価格でも違和感のない仕上がりを約束します♡




何をしていたのか…

FBとinstagramで、普通過ぎるお弁当やご飯の投稿をしていました。


FBのグループを2つお料理『パパっと簡単♡今日の一品料理』とカルトナージュのグループ『カルトナージュでつながろう』の管理人をやっていたこの1年。
※公開制のグループですので、カルトナージュが好きな方は講師でも生徒さんでもはじめてさんでも申請頂ければ、どなたでも承認させていただきます♡グループではカルトナージュ作品の投稿を自由にされてください。お教室のレッスンの案内の投稿もOKです。カルトナージュ活動でしたら、他の協会の方でも結構です。(但し、所属先の協会や師匠の許可のいるような作品の投稿は控えてください。もしくは許可をもらってから投稿ください。)


肺炎で入院してから静養生活を経て、回復期にお菓子づくりやご飯づくりをはじめて、

人らしく振舞うことがやっとできるようになったこの1年間はとても貴重で、家族との生活での役割の変化や、

長期の休養から自分自身の身の振り方や生き方の新しい選択と決断をしました。




長い結婚生活は決してラクなものではありませんでした。
二十歳で実家とは絶縁状態になり、貧乏生活と引き換えに自由を手にした30年前は、夜学の貧乏学生とコーディネーターの二足のわらじでした。

26でグラフィックデザイナーの旦那さんと結婚して、10年子どもをもうけずに建築業界で15年キャリアを積んでいました。
キッチンや家具のオーダー設計や積算、現場管理、ショールームコーディネーターの仕事を主にやってきて、最終的には住設メーカーのプレゼンシステムの発案から構築をするチームを特任で牽引していました。


・カルトナージュと出逢ったのは、2004年より前だったのか記憶もはっきりしていませんが、紀伊国屋で手に取った1冊の本でした。
広岡ちひろ先生の清潔感のある爽やかなカルトナージュが素敵でした。

それからしばらく経って2005年にはカルトナージュを習いもせず、広岡先生のたった1冊の本から、厚紙をネットで注文して自力で紙起こしから紙どり、カットと組み上げ、布貼をやってみると…
無残なよれよれの36センチワイドの大きな箱でした(笑)



この中に自分でつくった陶器のお皿を入れてプレゼントをしたかったからです。

サイズ感的に、難易度高くそれなりの厚さで2重3重くらいにしないとお皿なんてもたないことすらも気がつかないほど、ど素人感どっぷりなカルトナージュをよく知らないただの箱が欲しかっただけが、カルトナージュとの出会いでした。


出逢ったときは、カルトナージュとこんなに深く関わるとは思いもよりませんでしたが、


出逢ってしまったんです。


自分の意図とはまったく別のところから、予想を超えたアプローチで出逢いました。


今、カルトナージュが何となく元気がないように感じているのは、10年以上カルトナージュをやってきた方なら実感されていることでしょう。
今は、簡単に2時間枠で完成するデコル系のカルトナージュのお稽古サロンがとても多いです。


正直申し上げて、ワタクシが目指していたカルトナージュの正反対のベクトルが主流となり、華やかで豪華な表面とアカデミックな技術のバランスに強烈に惹かれたものたちは、カルトナージュ離れをしているのではないか?
という感覚があります。


簡単でお手軽で、完成できるカルトナージュも大切なアプローチ方法であり、今の時代にフィットしているからこその形態と需要です。
ここは否定していてはいけませんし、その寛容さも入り口として、重要な役割を担ってくださっているサロンの主催者さんには、感謝の気持ちがあります。
そこからのバトンタッチがきっちりできていないから、衰退感があるんです。


その継続して上達していかれる生徒さん、愛好家、講師の方々がそれぞれの立ち位置での楽しみ方とスキルアップに限界や高揚感の低下が主な原因かと思っています。


不景気だから…
それも経済的な社会のムードも関係して、高額なレッスンやカルトナージュ作品に気軽には参加しにくくなってきていることも、ワタクシも講師の方もサロン経営者の方も、感じていることでしょうし、その対策を材料調達から安値の仕入れへ見直したり、多人数レッスンで効率化を図る…など苦戦されていることと認識しています。


何かカルトナージュ業界の元気さや認知度をあげることを目的に、お役に立つ具体的な活動として展示会やレッスンとキット屋さんをすべて一新させることにしました。


これまでもリニューアルや見直しはしてきましたが、過去の課題作品もすべてデータ廃棄しました。



もう、1から新たに構築するのみなのです(笑)



去年の年末の入院がきっかけとなり、22年の結婚生活に距離をおき、もうすぐで1年経とうとしています。



名前も旧姓に戻り、この際すべて見直すことにしたのです。



そして、協会も始動させて、会員に向けて通信教育や資格取得だけでなく肝心な独立後の集客に必要なノウハウとして、ブログやHP作成のサポート部隊も協会で準備を始めています。

無償で提供できることは、実務的に効果が期待できるものはなくて当然です。
有償でしっかりとサポートすることが一番正しい在り方であると思います。
各分野の集客に必要なプロフや作品撮影やHP作成、集客に必須なルーティンワークからご自身である程度できるようにスキルを身につける別メニューなども用意して、しっかりとお教室サロンを実現させていける協会サポートづくりをしております。
協会員は年会費も抑えめに設定して、継続性の意義を見出せるように、無料レシピ提供、レッスンで利用できるキットや材料会員価格購入や、会報誌、会員セミナーでは、カルトナージュレシピやコラボ企画など情報提供サポートを考えています。


カルトナージュに興味をもって講師として活動していくための情報とサポートは、認知度を高めるための一環として必要事項です。

お金儲けの協会制度に、一石を投じたいと思います。


真剣にカルトナージュと関わっていきたい方、カルトナージュが大好きな方、カルトナージュを生徒さんに教えたい方、カルトナージュの技術向上を継続していきたい方、カルトナージュ愛好家さん、、、
どなたに向けても、当(社)カルトナージュ美術協会が当てはまるような、サポート集団を目指して始動したいと思います。



高橋真理 拝




人気ブログランキングへ





by fairytalem | 2017-10-30 16:12 | カルトナージュ

ウェディングリングピロー&ケース◇オーダー


ごきげんいかがですか?Fairytaleです^^


本日から中学生のムスメは夏休みに入りました。

夏休みといえども、忙しいスケジュールになっているので、休み感はないようです(*’ω’*)

中学生って無駄に忙しいのね…
駅伝に出るので早朝練習が1時間あり、その後部活(美術部って暇そうでしたよね?昔は)お昼過ぎ帰宅、昼食と休憩してすぐに塾の夏期講習(塾側からの半強制的)夕方アトリエに戻り、ピアノ伴奏の練習(クラス対抗の合唱コンクールの候補…って決まってないのにものすごく練習している(笑))個人レッスンのピアノの練習で18時になるのだ。

遊んでないと思いきや、、休憩のフリして文庫本読んでいたり、絵を描いていたりと、まぁ忙しそうです。小動物のリスのような動作ですw(あんなにかわいくないけど)


その度にこちらは、送迎でぼんやりしていると振り回されてしまいます。


去年から生地ショップのK様の結婚式のお話しをお聞きして、リングピローケースを制作することになっていました。
そのお式が今月末ということで、またいつもの如く、お尻に火がつかないとやらないこの性格、どーにかなんないのかしら?


デザインもカルトンとケント紙と生地のカットもすべて準備が整い、組み上げ制作のみでした。
1日あれば余裕で完成のはず…

ウェディングです、K様のさわやかな笑顔が見えます。

リングピローケースだから箱なのです。

リングピローはご自身で用意するのかしら~?

そんな会話したようなしなかったような…

まいいか、ピローちゃんつくっちゃおうか。

b0245259_19312886.jpg



材料がないものがあるので、先週末に1時間のドライブで造花やサテンの太いリボンなどを見つけてきました。

材料を見ているだけで、イメージが膨らみ過ぎて収拾がつかなくなるんです。

3つくらいのアイディアの量が浮かんでしまったので、全部試したい!

しかし全部試すとくどいのを通り越して、すてきになんかならないのだ。

3つ制作して、1つ選んで頂こう…

余裕なこと考えていました。


実際には体調が悪い日があり、家族の予定で宇都宮まで行った日もあり、深夜帰宅、、、


K様と連絡がつかなかったので、途中経過画像をお送りしたので気に入らなかったのかしら?と気をもんでいました(オーダーって実は緊張するのです。ワタクシのものではないので、とても慎重に相手のことを考えるだけでなく希望とイメージを調整するのが腕の見せ所でもあると思っています)

返信がきて、とても喜んでいるご様子でほっと一安心しました。


明日、乾燥が進んだら発送できます♡


b0245259_19315676.jpg



とてもたのしくワクワク制作する機会となり、ウェディングコース3点セット(花嫁自らレッスン制作でご芳名帖・ウェルカムボード・リングピロー)本気でやろうかと思うこの頃。



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-07-21 19:32 | カルトナージュ

限定キットの製作中

こんにちは、Fairytaleです(^^♪


朝晩肌寒く、今朝は曇り空だったけれど、窓際ではぽかぽかの日差しがはいってます。


最近のワタクシは、時間の流れがゆっくりと流れ、ぼんやりしているわけではないのですが、濃厚な時間を過ごしている満足感があります。


只今、来年の上野の森美術館での限定発売のキットデザインに取り掛かっています。

Fairytaleとしては、シンプル目なデザインに落ち着かせました。

やはり、カルトナージュ愛好家の方が楽しんでつくってもらえる作品であって、完成したら使いたくなる作品でないといけないと思っている。


からくりは色々とあるのだが、個人でつくる手間と精密カットは購入する価値のある技術を含むキットであり、材料に関しては卸値の底値、生地も協賛依頼したりと、やれることはやった。

利益を出すのは当たり前だけど、そんなのつまらない。
なぜ、こんな低価格が実現できたのか不思議なキットにしたい(笑)

いや…魅力的なキットにしたい(笑)



東銀座教室前の安定した味のイタリアン↓
b0245259_13355427.jpg



友人に、、最近1年くらい前にFBで出会ったリアルの出会いでないMちゃんや、15年ぶりに再会できた悪友戦友だったRちゃんとコンタクトをとった。


時間とはループのようなもので、直線ではないということを実感するのだ。

Mちゃんは実際会うまでそう時間はかからず、意思の疎通といったら言葉よりも感じることで会話を重ねたと言ったら、伝わるのだろうか。。。

MちゃんのsideBは、メンターであることもあってか、話は前置きなんかいらなかったのでつながるのはとても速かった。


ワタクシのカルトナージュ作品って自分ではくどいと思っていたし、曲線デザインに関してはかなり意図をこめて制作していたから、そんなの見る側からしたら押し付けられてお腹いっぱいなだけだと思っているからだ。


それを無条件でほめてくれる…

ワタクシの鎧を通り抜けて、ほめてくれる。

Mちゃんの直球は素直なラインとなって、こちら側へ届くのだ。

子どもみたいに、うれしいと思える。



作品は自分の分身がゆえ、褒められてもなかなか素直にはいってこられないものなのだ。

繊細に震えるような小鳥のハートは、けっして強くはない。

画面の向こう側の知り合いの人は、皆笑っているのかもしれないけれど、、、

いいよ、笑っても。


人からどう思わるかなんて、もう気にして生きてないから。



自分がこうしたいと思ったことを、生きている間にどれだけ実現させることにしか、もう興味はない。


手段は選ぶけれど、人を傷つけてまでのやり方は考えるけれど、あとはもうやりたい放題よ!




ある日のタイムラインに、15年ぶりのRちゃんの顔らしき画像があがってきた。


しばらくは、顔が違うというか、雰囲気がちょっと微妙に変化していたので、いやいや間違いだったら恥ずかしいしなーーと、躊躇していた。

でも、そんなの生き方としてはよろしくない。


思い切って、メッセンジャーで連絡してみた。



Rちゃんの返信があったのは翌日で、それまでは、、、やっぱ拒絶されてるのかなー?

嫌われたままなのかなー?とどんどん落ち込み出した。



すると、起きてられず早い時間にめずらしく就寝してしまった(笑)


翌朝は、Rちゃんのメッセ音で目が覚めた。



めでたく再開できた。



あぁ、最近の自分、しあわせだな。。。




ここではまだ書けないけれど、MちゃんもRちゃんもそれぞれの自分の道を見つけ歩み出している。


自分の個性を愛して信じている。

もちろん、不安だってあるよって言ってた。


でも、道が決まると女性ってたくましく美しく輝きだす。

それは年齢なんて関係ないなと、つくづく思う。

Rちゃんなんて15年前の若かりし頃よりうんときれいになってたし、笑顔が増えて魅力的に変身していた。(時間の経過とともに、変わるものだけど変身という言葉が合う)


夕方、帰宅したムスメの開口一番が、、、

『ママちゃんのいつを知っているの?』

この意味は、ほんとうにママちゃんは若い頃痩せていたという事実を確認しているな、、


と気が付いた( ;∀;)


このやろー






ワタクシはどうなんだろか…


ただ、年をとっただけなのではないのかー?



少々、気にかかる。。。。



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2015-10-06 13:49 | カルトナージュ

Elegant tray

こんにちは、Fairytaleです(*^_^*)


昨夜は1時過ぎまでかかって、新作トレイの試作調整をしました。

b0245259_13303954.jpg


一昨日のアクセサリースタンドよりも、こちらの方が湾曲した面に生地を貼ったりするため、ゆがみなどもある程度考慮した設計にしましたので、大きな修正はありませんでした。


材質を1パーツだけ変更しようと思っています。


カルトナージュ愛好家の皆さんが、作りやすくたのしく、テンションがあがる心地よいキットづくりを考えると、このElegant trayはかなりワタクシにとってはハードルが高いものとなりました。


まだ、頭のすみっこでは、微調整案でいっぱいです。



ウェーブラインの重ね貼り手法の、これでもか!カルトナージュになってます(笑)


手間はかかりますが、特別なtrayをデザインしたかったのです。


湾曲面の調整がほとんどなかったことに、我ながらおどろき(^^ゞ
イラストレーターではカーブした線の長さの自動表記の機能はないので、感で決めておいて、実施時に調整して正確な湾曲線の長さを確認するアナログな方法をやるつもりでした。


湾曲ラインに、短辺パーツも湾曲に反らせて合わせると…


ぴったし!037.gif


天才。

と深夜につぶやく(笑)


なにがすごいことかと言うと、これは製図を受講された生徒さんか、立体制作をしたことがある、大学で空間把握能力について講義を受けたことがある人ならおわかりいただけるかと思います。


このトレイはの仕上がり角度もある程度想定したデザインです。

でないと立ち過ぎると固いイメージになり、寝かせすぎるとゆるすぎてエレガントさを超えてだらしなさが勝ってしまいます。

てきとうにやったらできた…そういうのもあります。

しかしよく検証してみると、適当なだけあって細部があまく、目的の美しさを出せているかは疑問です。


この側板の角度もデザインです。


直線上に側板に傾斜角度を意図をもって(角度を決めて)つくるには、数学というより理屈がわかっていればかんたんにできてしまいます。

しかし湾曲したライン上に角度をもたせる場合は、傾斜させる側板自身も湾曲させます。

ベースと同じ線の形状に湾曲させると合いませんよね。

側板が直線に近いラインに近づけるとトレイの縁は直立に向かい、側板が湾曲(円に向かう)に近いラインになってゆくにしたがいトレイの縁はゆるく倒れて、エレガントさを増します。


試作をして組み上げしながら、その美しい角度を見るけるのが、こだわりの作業となるわけです。

慣れたいる人でも2~3回は試作して納得する角度に寝かせられるかを検証していきます。

製図の講座では、これをやってもらっています。

カルトナージュなのに、そこまでやるか?という講座。立体ものを斜めの角度やカーブに湾曲したラインから見つけ出させます。

直線の作品しか作ってこなかった講師の方は、そこを勉強してもらい現場のレッスンで役立てています。

こういった数学的な作業と思われる製図設計は、実のところ数学的感覚はあまり要らないかもしれません。

もちろん計算することはします。

作りたい形状の物体を決めて、それを思い通りに設計できる能力はある程度鍛えることは可能だと思います。



傾斜角度プラス湾曲ライン上に立てるというデザインのカルトナージュ!




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-12-21 13:33 | カルトナージュ

Dresser style accessory stand

こんばんは、Fairytaleです035.gif


今年の寒さは例年よりも早く冬が来てしまったようです。
アトリエのストーブをMAXにしても、窓際は寒く感じます。



思えば自分でこのアトリエをリフォームして、思い通りになんでもやってきました。

居心地がいいのはそのせい。

都内や遠方からこのアトリエまで遥々お越しになり、皆さんこの空間を愛してくださいます☆

ワタクシの思い、意思、想像の場、エネルギーチャージ、創作の空間であります。



困難さえも、つらい選択、厳しい選択をしてきたかもしれません。

でも、思い通りでした。


ワタクシは子どもの頃から、厳しい両親から自由を奪われてきた錯覚を抱いてきましたが、今、目覚め人生の半分を迎えるにあたりはっきりとわかります。


いつだって自由でした。


それを選んできたのはまぎれもなく自分自身。


ワタクシは自分勝手に周囲の顔色なんかうかがうどころか、意思だけは貫いていました。


勘違いしてきたのは、周囲の大人たち、友人たちの調整役をかって出てきたきらいがあったからです。

そうすることで誰かの役にたち、そこに大きな信頼と承認されることで自らの価値を決めてきたせいです。


今は、調整役降りました。


そしたら、周囲は「へ?」って感じでなんにもしない、なにも動じない、動かない、気を使わないので、ワタクシのやってきた調整を自らやらざるを得なくなってきました。

でも、それってふつう当然のことじゃないですか。

だから誰も困らないし、べつに今更ほめられたいお子ちゃまでもないわけだし(笑)



なんて気楽なんでしょう!


各自が自立さえすればノープロブレム。


自立できてなかったら…しらんがな(笑)


わ~すごい!
何がって、ワタクシの出番がない家族や親戚、教室…いやこれはさずがにねぇ(笑)、実現しちゃってるんですってば。


もう、違う人間になったくらいの身軽さですw


神よ、ミカエルよ、感謝、深感謝!!!



な~んて、長いつぶやきで終わりそうになっちゃいました(笑)






はい、新作のクリスマス限定キットの試作品完成で~す079.gif



b0245259_20410002.jpg



人気ブログランキングへ















by fairytalem | 2014-12-19 20:54 | カルトナージュ

蓋のイラスト画

こんにちは、Fairytaleです^^


数年前に作りかけていた、 〈St. Valentine Box〉 の、フタのイラストが出来ました。

b0245259_17115853.jpg


ティファ二―ブルー×ブルーグレーに、ゴールドの縁デザイン。


中央には細いベルベットのリボン3色がかかり、Fairytaleのロゴとその上にFairytaleのキャラクターの妖精がいます。


下には英字でごにょごにょ呪文を入れておいきましたw


忙しくても何かしら作っています、コツコツと。


これはラウンドボックスになりますが、ただのラウンドボックスなんかつくりませんよ~





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-03-31 17:12 | カルトナージュ

ライティングデスク◇参加受講者様作品

こんにちは、Fairytaleです^^

先日、9月のファニチャー単発レッスン時の完成画像を送ってくださりました。

b0245259_13195234.jpg


カルトナージュ教室をされている現役バリバリのちーすけさん。ブログはこちら⇒


レッスン4時間ほどで仕上げる内容ではないため、レッスン仕様では背面をFIXにし、引き出し仕様にしました。

背面全開ウェーブ開口で、天板がフラップアップの開閉式の本来のデザインをお持ち帰りキットに設定しました。
小ぶりながらも、ウェーブの裏打ちが入っていることと、天板も2段ウェーブのエンボスデザインでやり過ぎないようにデザインしました。

もっとシンプルのでもいいかもしれません。

しかし、こればかりは気分なのです(笑)

b0245259_1322520.jpg


きれいに仕上げていただけると、とてもうれしいものですね056.gif


来年も、単発レッスンはシーズンレッスン(4時間)の他に、単発ファニチャーレッスンや、ミニマムレッスン(3時間)も視野に入れて計画中です。

ネタはつきません…

早く形にしたいのですが、手が追いつきませんので、来年はアシスタントさんの手がたくさん必要です。

どうぞその時は力をかしてください。




今年は、願ったこと予定したことはほとんど実現できました。

欲を言えば切りがありませんが、願う以前に人事を尽くして天命を待つ…

の精神でいけば間違いありません。

大変なこともたくさんありましたが、思えばそれも今のワタクシを形とることであって、

すべてを受け入れていくつもりです。

ダメなときは、受け入れるしかありません。


今年も感慨深い1年となりました。


たくさんの方との出逢いがありました。

助けてもらう一方でした。

来年は、皆さんに少しでも作品で返していけるように、なりたいと願います。



レッスンではビシビシと(笑)、キットショップではサービスキットを続々とあたらしいものを

出していけたら、いいかしら。




冬至から立春にかけてまさにこの時期に来年のこと来年の自分の有り方、来年の目標を計画するのに効果の高い時期です。

皆さんも、来年のことをじっくりと計画されてみてはいかがでしょうか?




よいお年をお迎えくださいませ☆




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2013-12-28 13:23 | カルトナージュ

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧