クリスマスツリー制作工程の風景その3

ごきげんいかがですか?Fairytaleです♪

つづきです。


このツリーには最初からワタクシの中のイメージで、木馬とステッキとジンジャークッキーのジンジャーマンと、木玉のタッセルが見えていました。

この中のクッキーはなしになり、木馬とステッキのオーナメントにしました。

オーナメントはあと木玉タッセルの3種類で抑えました。

このツリーにじゃらじゃらつけてもウルサクなるだけで、足りないくらいで丁度いいでしょう。

というのも、フックをかける面が8面もあり2~3つずつ全部で20個のフックがつけられてしまいますので、ピアスやちょっとしたアクセをひっかけてディスプレイしてもいいかなと思いました。


今回、オーナメントは別売のキットでレッスン当日に欲しい方だけ購入していただく設定にしました。

オーナメントはなくても、アクセや手持ちのキーホルダーをかけるのでも使えるからです。


ある程度使用を想定しつつ、オプション設定にしてなるべく押し付けないようにしています。


ほんとココは大事なのです。


あとは、少しでもいいものをお手頃に制作していただくために、設定には何もつけないでいます。


今回は、木玉の仕入れ値がものすごーーく安く入手できる方法が偶然見つかり、時間がないので考えあぐねた結果、サービス精神でやろうと決めました。


通常手芸店で販売されている木玉は日本製や中国製いろいろありますが、比較的きれいに丸く成型され木玉の糸通し穴もきれいになっていますが、ワタクシが仕入れることができた木玉は内側の糸通し穴がガタガタで切り抜きっぱなしのものでした。

すべてにヤスリを丁寧にかけて通すリボンを傷つけ(ほころび)ないようにしないといけません。

1セット2房で5個使用する設定にしたため、120個くらいは用意しておきたいですが、ヤスリは半日以上かかりますw

オーナメント1セットの内訳は、木馬1つ・ステッキ1つ・木玉タッセル2房で1000円の設定にしました。

2セットで10個のオーナメントになりフック20個マックスで半分のフックがあきます。(もしくはフックを少し減らしてもいいです)


そんな感じで数と設定をしていきました。


これから木玉のヤスリかけ、、がんばります( ;∀;)


ご自分でヤスリかけしてね♡ということも考え方に持ち合わせていないので(キット化して販売するのだから手をかけたものでないと横流しするだけでは仕事がそこには存在しませんから)
ヤスリかけ、、LOVE

b0245259_14115378.jpg


木玉タッセルはなるべくかんたんにすぐにできるやり方にしようと決めていました。

キット化するので作り方説明書もお付けしてオーナメント1セット(木馬1つ・ステッキ1つ・木玉タッセル2房)1000円にしたので結構がんばりました。

お時間がゆるせばタッセルの作り方をレッスンの最後のほうで実際にレクチャーしますが時間がなくなることもしばしばありますので保険をかけて、レシピつきにしました。
(レシピはこれから半日でエクセルでつくります)


木玉のタッセルのシルエットは

最初は玉のサイズが3段階でだんだんと大きくなるように繋げるデザインでした。

しかし、作品のツリーの型紙ができあがり、そこへ木玉を並べると、、、

同じ大きさで垂れ下がるシルエットの方が、動きがないことでツリーの形状が生きると判断しました。


必ずサイズや形状は、つど途中工程では確認をしていきます。


最初の想像したイメージだけを追求しすぎると、バランスの悪い作品となりかねませんので、

そこは勇気をもってどんどん変えてゆきます。


…なのに、、、このかわゆいハズの木玉タッセルの3つ揃いを見たコーディネーターの友人は


『団子みたい(笑)』と強烈な一言を言い放ちました( ;∀;)


もう、団子にしか見えないじゃないですかーー!


気を取り直して、、、(‘ω’)ノ


2つ玉と3つ玉のタッセルをつくりました。

とてもかんたんにベルベットの細巾リボンを結びとめることなく、びっちりとリボンが抜けることなく通しました。

コレもクリスマスツリーと木玉タッセルの案は同時にイメージで降ってきたので、迷うことなく一発で試作OKでした♡

ベルベットリボンじゃなくてサテンリボンならスルスルと抜けてしまうので結び留めなしには完成しませんし、この結び留めを隠さないと美しくありませんから、おそらくボツになります。

素材とサイズと巻き回数により木玉の穴の大きさで、リボンを何回通せるかも絶妙に決まってしまうのですが、たまたま4回通すデザインがぴったし!だったのです。

これよりも大きな木玉でしたら、6~8回巻きするので木玉の木の素材が隠れてしまうのと、穴入り口がリボンの厚さで丸い形状が歪になり、美しさから遠のくのも想像できました。(4回巻きであることで木肌が見えていいのですが大きい分穴も大きいためスルスルとリボンが抜けてしまいます)

こうした想定もたまたま思った通りで済みましたが、経験上制作する上でどの情報が必要であるか見極められないととても時間のかかる仕様決めとなってしまいます。

今回の木玉タッセルは在庫の木玉と細巾のベルベットリボンから試作できたので、数分で試作完成しました。

気持ちいいくらい決まっていく仕様決めで、ホッとしています。


056.gif     056.gif      056.gif
来月の11月26日(土)と12月5日(月)と7日(水)の3日間で、どなたでもご参加できるシーズン単発レッスンを開催します。

クリスマスツリーを一緒につくりましょう!

今年の《クリスマスツリー2016》シーズン単発レッスン
●11月26日(土)①午前の部・②午後の部 東銀座教室
●12月5日(月)③午前の部・④午後の部 市ヶ谷教室(New)
●12月7日(水)⑤午前の部・⑥午後の部 市ヶ谷教室(New)

◇午前の部9:00~12:00  ◇午後の部13:00~16:00
※市ヶ谷教室ではアメショの猫ちゃんがいます。アレルギーの方はご連絡の上、東銀座教室へお願いします。市ヶ谷駅徒歩6分、東銀座駅徒歩3分を目安にしてください。

市ヶ谷教室は4席満席となります。(きれいですてきなマンションです)
ご希望の日程ナンバーと生地選定をそれぞれ第3希望までお知らせください。先着順で生地希望と日程希望が順次決まります。


HPお問合せフォームhttp://fairytale.secret.jp/contact/

Fairytaleのハンドメイドな生活http://fairytalemax.jugem.jp/



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-10-29 14:21 | 制作工程

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧