夏です、ココロも熱いです!

ごきげんいかがですか?Fairytaleです!


お盆を過ぎると、秋の気配がうっすらと漂う夕刻になりましたね。


秋は好きな季節ですが、どうも物悲しい気分になりやすいですね。

季節が移ろうのを感じるときや、40年も前に亡くなった祖父や中学生になるムスメが生まれて間もなく亡くなった祖母たちを思い出す時期でもあります。


人は必ずいつかこの世から亡くなり、それは自然なことで悲しいことでもないというのがわかるようになるまで結構な時間がかかりました。


肉体をもってこの世にいる私たちは、どうしたって目に見えるものや現実に目が向きます。

しかし、その現実でさえ時折、ワタクシの目にはそう映っているけれど周囲のみんなも同じ?

とは限らないということも結構な時間がかかってわかりました。


同じ時空にいるのにも関わらず、どうして現実の世界はそれぞれの『捉え方』でこうも違うものなのか…



まず、現実に目の前で起こった事象に対して、解釈も違えば感じることも、意識も、価値観も違うこと。


目に見えることを優先することは悪いことではない。

大事な現実のこと。

しかし、同じくらいに大切であることもある。

目に見えない心の内や口には出せない想いはやがて想念となり、意識だけ浮遊していく。

意識や魂といった無形の生きてきた想い想念は、消えることがとても難しい。

ましてや、浮かばれなかった無念な想いや後世を思う情愛を見ると、無念さに想いの比重はとても振動数にしても重いモノとなるため、なかなかその場を浮遊して無くなることが難しい。


人の歴史を見れば、囚われの身であったり、搾取され続けた思いはその場に残る。

想像してみるといい。

散々、上の階級から奪われ続け、何もかも手から無くなり、肉体の価値さえもなくなり、ぼろ雑巾のように扱われ尊厳など微塵もない奴隷を生きたとしたら、あなたはこの世に何も残さずにきれいさっぱりとあの世へ行けると思うのか。


行きたくても行けやしない。


終戦時期になると、こういう無数念が幾重にも重なり、大きなエネルギーとなってワタクシたちに投げかけてくるように感じてならない。

b0245259_1148265.jpg

    ↑ 10月から始動する『テクニカルエンボシングコース』のイメージ画像。
      近日中にHPとブログにて詳細をUPいたします!



目に見えない=素粒子の振動数が高い


ワタクシたちにはすべてが見えない。


見えないから見ようとする意識はとても重要です。

見えていないだけで、もしかしたら同じ空間のスキマに高振動のエネルギーがいるのかもしれない。

見えなくても、感じることは案外できるものだ。



ワタクシのカルトナージュの制作における意識のポジションは、空間のスキマに介在する高振動な光と同調させてイメージしたものをワタクシの肉体を通して、空間把握能力を使って、現実化させている。

肉体の頭脳とハートを通して、目を閉じるとはっきりと見える立体構造をとらえる。

そして、内容パーツを分解して解釈をつけていく。

制作手順を決めるために、すべての予測する工程を目の前に並べるのだ。

そして、カードを引くように順番に完成へ組み立てる。

すべて頭の中の話しで、ものの1分もかからない。

それから、試作準備に取り掛かり、工程写真撮りしたものをエクセルでレシピ作成をする。

現実の世界では、ものすごくタイムラグがあり時間をかなり要するのだ。

大げさに言えば、ものの1分とかからないデザインと設計と工程手順に対し、試作とレシピ作成では2日~1週間近くかかることもある。

ただし、不思議なことにほとんどの試作において大きな失敗や欠陥が見つかったことはない。

試作の段階で、間違いに気がつく場合の多くは、その間違いの部分となるパーツや細部のイメージが曖昧なまま忘れてしまっていたことが起因となっている。


みんなができることではないのだけれど、理解することはできる制作であるはずだ。

近い将来の子どもたちは、皆できる能力ではあると思う。(コレ幼児教育で伝えたいと常日頃思う)


子どもたちの感性や能力の高さを一番に理解していないのが、育てる大人側にあるというのが皮肉なことなのだが…



ワタクシたちの想いは意識の中にあり、隠していても隠し切れなくなってくる。


『私のカルトナージュをつくりたい』


ただ、それだけの想いでコツコツとへたくそだったカルトナージュづくりから、今の制作方法へひゅい~んと上げてくれた。


それは、ワタクシだけの力ではなく、サポートしてくれているDNAのルーツや、高次元の人たち(エネルギー)の存在のお陰だ。


見えるものしか信じられないという人には、それでいい。

どれを選択しても感じ取っても個々に自由であることが、この地球では約束されている。



暑い夏を過ごすのも、熱い夏を過ごすのもアナタの選択の自由であるから。





人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-08-23 11:59 | つぶやき

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧