素養とは


こんにちは、Fairytaleです^^


WilliamMorrisでつくるアクセ収納ケースは、ほとんど(講師以外)終了しました♬


完成まで見られませんでしたが、宿題で完成させられるところまでは頑張って初級者さんも取り組みました。


また画像を撮り忘れてしまいました…

ワタクシも真剣にお手伝いしていたので、気が付いたら皆さんお帰りになっていました。
(ご挨拶はしましたので(笑))


完成画像、ご参加した皆様からお待ちしております!!



  ↓ 先日の入門コース ラウンドボックス(STOF社の麻生地)
b0245259_1522229.jpg





さすが、モリス。

どれも素晴らしく素敵に仕上がってましたね~

いい素材でつくると、心も身体も満たされるのを実感します。

レッスンでも作り心地の良さを口々に感動されていました。

ちょっと贅沢ではあってもそこに意味があり、価値を感じられる「素養」がポイントです。


素養の説明として、類義語をあげると…

素質として、持って生まれた性質、能力資質のこと。
教養として、社会人として必要な文化的知識のこと。
才能とは、物事を成し遂げる優れた能力のこと。
素養とは、普段から心がけて身につけた知識・教養のこと。

ということは、後天的な意味をさします。

普段の生活から身につけた感覚や知識ってことになりますね。

教養があるというのは、知識をつけることで頭の中では理解している状態であるとも言えるわけです。

頭でわかっていることよりも、心のうえでの理解で体現している状態である「素養がある」ということは、より深い境地であるわけです。


持って生まれた才能、素質とは関係なしに、日々の精進で身につけられるのです。


よく生徒さんたちが、ご自身の才能がないセンスがないとお嘆きになるのですが、ワタクシから言わせていただきますとそこはあまり問題ではないと感じています。

寧ろ、後天的な努力や日常に注意をはらって選択する意識を持つことで、磨きがかかるものです。

天才であっても、そのままにしていればいずれ後天的な精進を重ねた人には及ばなくなると思うのです。


日頃のセンス磨きは、心がけでどうにでもなるものです。


美しいものを求める心、想いが現実を引き寄せて、素敵な作品をつくる機会に巡り合えることに繋がってゆくわけです。


ワタクシも扉を開けて、どなたでもそんな機会に触れていただけるように、お待ちしております☆彡



人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2016-03-28 15:25 | つぶやき

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧