「ほっ」と。キャンペーン

アラフィフのあがき

こんばんは、Fairytaleです^^

この時期は何かと忙しく、確定申告や年度末、来期のスケジュール、新講座の作品のレシピとキット準備、毎月の単発の準備とキットショップの整備と受注をこなしながら、4月を無事に迎えたいと切に願います。


そんな中、我が家に義理の母が引っ越してきます!

母の部屋を確保するため、ワタクシの勉強部屋をあけなくてはならず…

あ、ウチは嫁姑の関係を超えて親子になってしまっているので、これからの家事が半分以上期待できる母には、ありがたいことなのですw

誰ってワタクシが一番うれしいらしいですねemoticon-0111-blush.gif

母が来たら、一緒にご飯食べて、片付けして、カルトナージュのアイデアを聞いてもらって、一緒に試作してもらって…そういう妄想だけですでに幸せです。
でも母はどう思っているのかわかりません。
うるさい嫁の話を聞いてやって、ご飯もつくってやって、掃除洗濯までやらされて…と思っていたら、母は幸せじゃないですよね。
母にはたのしい生活を共にしたいと思っているのですが、母がどう受け取るのかはわかりません。
ですが、母にはラクさせてあげられないかもしれませんが、一緒に笑って生活する自信はあります。
母には変な苦労はさせたくないと強く思っています。
幼いころから母が苦労をたくさんしてきたことを聞いてきたので、ワタクシができることは苦労をさせないことだと思っています。
完全にムスメの心境なのです。
世の中の大半がそうじゃないというのですから、ワタクシは人より幸せだといつも感謝しています。



まだ生地やカルトンなどの材料や雑貨、壁面には数百冊の本がびっしり入っている書棚をこれから某有名ショップで10円で引き取って頂くことにして、タイトルを見ないように箱につめなくてはなりません。

2度読みする本の確率は1%もないのではないでしょうか。

なのに、売ることも捨てることもできず増え続ける本。

読みにくい本は途中のままになっていたり、まったく読んだ形跡もないものも。


断捨離…しています。


捨てるのは気持ちいい部分と惜しむ部分のせめぎ合いだったのですが、もうこれだけあると時間の無駄でもあるし、捨て出すと慣れてくるのが人間でして、これもやってみると案外大丈夫らしいですemoticon-0125-mmm.gif

パパにDVDも100本近く売ってきてもらい、10円がほとんどで、良くて100円でした(笑)

すごいのはアンパンマンですね。

1000円でお引き取りいただきましたから。

10円と1000円の落差は、需要の違いということですね。

物の価値はいかに人から必要とされるかにかかっているんだな、とこんなところにもワタクシたちの世界が展開されています。



カルトナージュは必要とされているのだろうか…?!

最近、やたらその問いかけにぶつかります。

いろんな人に好かれて、いいな、たのしいなと思ってもらえるカルトナージュづくりができているのだろうか?

ちょっと考えてしまいます。


昨日、お隣さんに比較的やさしめにイラレをレクチャーしてもらいながら、1作品の型紙と裏打ちプリントをつくりました。

1時間かからずにまぁ、なんとかできました。

これを自力でやるのはしばらく難儀ではあります。

でも、できないことはないのだ…と言い聞かせ、さらに自分のワールドを展開していけるきっかけになるかもしれません。

できないかもしれません。

自力ですべてやってみること…

すべてを限られた時間でこなすのです。

お隣さんの力を借りずにどこまで表現していけるのか…

今はまだなんとも言えませんが、効率を上げる更なる努力は必須です。

がんばれ、アタシ。






人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2014-03-01 17:36 | つぶやき | Comments(0)