「ほっ」と。キャンペーン

最近のつぶやき

こんにちは、Fairytaleですemoticon-0112-wondering.gif


初級コースの最終課題だった都内近郊のちょっと先からコース受講中のhobby-catさんは、ティッシュボックスを作られました。

ブログでご紹介しています ↓
              手作り時間


新鮮なブログでいいなぁ…

ワタクシのはマンネリ化しているようなトップページ。

今やかんたんにテンプレから選択すれば、気分一新できますよね。

しかし、このブログではそれはできないんです。(もうひとつのほうのブログのこと)


シンプルに見えるように、カスタマイズしていじりまくっているのです。

宣伝ものはなくし、アフィリエイトなんてもってのほか!

リンクもダメ。

ないないづくしですかぁ?と、いささか心もとないスタートでした。

しかし最初から何も持たずに始めることが、実はとても重要だったのです。


ここから小話…


HPを只今作成中で、お隣さんにあーじゃないこーじゃないとつぶやき(あくまでワタクシはそう思っている)

1日に何度となく偵察中。


アトリエを開設した頃に依頼した時は、お隣さんから


『実力のないうちにHPなんてカッコ悪い』 と一喝。


そうだよね…と至極納得。


で、今日までHPなしで活動しておりました。


何と今頃、それに着手しているお隣さんemoticon-0104-surprised.gif
天にお願いした方が早いんじゃないか?というくらいテコでも動かない人間です( 一一)


やっと完成した作品を一番最初に見せるのは、やっぱりお隣さん。

それを望んでいる様子はなく、寧ろ迷惑な空気を漂わせ…

お伺いを立てるワタクシ。



『ふ~ん、センス悪っ』  嫌悪感たっぷり。


『この配色か?』  眉間にシワよせ。


『やめた方がいいよ』  え?いまさら何だ?


『サイズはいいけど、デザインがイマイチ』  首をかしげられ。


『……。』  もはや何もいう気はないという。


『う~ん。自分がいいならいいんじゃない』  てきとう。


『忙しいんだけど(怒)』  迷惑極まりないタイミングの悪さ。


『いいんじゃない』  明らかに投げやりな感じ。


『うん。』  それだけかい?



と、ここ数年間の遍歴。



この真実の会話ならぬ、感想コメントでおわかりいただけただろうか。

ワタクシは女性らしく 『なによー!ひどい言い方!』 『しくしく』 『もう聞かない』 

…なーんて言葉は発しない。

そうか…と、思うのだ。


だから、


ひじょーに厳しい、現実を突きつけられる。

しかし本来のワタクシのど根性がメキメキと音を立てて、ならば 『いいじゃないか』

と言わせたろ!としか、もはや生きがいとリベンジを誓ったのは、ご察しいただけただろう。



別段、ワタクシのおっさん化の理由ではない。


元来生まれた時からであって、その件はどうにもならないことである。(きっぱり)

そんな4年間だった。アトリエ開設してからの話しね。





家族とは世間も真っ青な厳しい関係なのだ。


遠慮はない上、身も蓋もないことを平気で言ってくれる。


いまだに、お問い合わせで 『すてきなデザインですね』 なんて言われてもあまりピンとこない。


それでいいと思っている。


家族とは…


あらゆる最悪な状態をつくってくれる、


まるで大リーグ強制ギブスのようなもの。






激感謝!!!





人気ブログランキングへ
Commented by zaki at 2013-06-21 10:59 x
うん、うん。と頷きながら読ませていただきました。

ホント、究極の人間関係が凝縮しているのは「家族」なんですよね~。

私も「自分の娘」や「自分の親」「自分の姉」に結構気を使っています。(ダンナがいないので、どうにか平常心を保っていられるような…いえいえ、これは大声では言えません。内緒ですよ…)

でも、この関係を嫌がって一人で人生を過ごそうと思っている独身の友人…。歳と共に‘人間って何?‘と虚しくなるそうです。

一人でいても・家族でいても、所詮人間は「一人では生きていけない社会」にいるんですよねー。

先生のいろんな愚痴は、家族に対する深い愛情であることを常々感じさせられております。

目に見えない、赤い糸(赤いロープ?)て繋がっているのでしょうね。

チョット羨ましいですよ。



Commented by fairytalem at 2013-06-21 13:13
zakiさま
単なる愚痴のはずだったのですが…zakiさんのすばらしいブログに感化され、書き方って重要!と練り直しました^^

それに、zakiさんはダンナさんはなくして学べる環境が揃っているから、そのご友人とは別です。
ご友人は間違いなく、ダンナさんがいようがいまいが、きっと自分の事として捉えないんでしょうね。
目の前の人間はすべて自分ですから。このトリックに早く気が付いたほうがラクになれます。

家族と呼べる人間がいることに、感謝できる人は結局幸せなのです。(ワタクシは諦め感は否めませんが(笑))

zakiさんのご家族もすてきなお姉様ご夫婦ですし、なにより優秀で有望な頼もしいお嬢さん方。女系家族のよさをあらためて教えてくださいました。
zakiさんのところは赤いローブならぬ、『赤い工事用ロープ』 なのではないですか?ふふ。
by fairytalem | 2013-06-20 18:08 | つぶやき | Comments(2)