製図コースでできること

こんにちは、Fairytaleです001.gif



今日は赤羽の製図コースでした。

めずらしく5時頃アトリエに帰ってこられました。

だんだんと生徒さんたちも目が肥えてきたというか、いい感じの仕上がりにもってきてます。

静かにうれしく心地よい余韻にひたりながら、画像を加工しましたのでご覧になってください。


b0245259_18383054.jpg


いかがでしょうか。( ↑ こちら赤羽のお教室は素敵なバーなんざんすよ~☆)

素敵でしょう。韓国の織りの生地でしたっけ。

異文化の生地同士なのに、Mさまのコーデはこうも合ってしまうのです。

b0245259_18391396.jpg


三段のお裁縫箱は仕切りが稼動式のものにして、想像以上に仕上げてきました。

刺繍糸は使っていくうちにボリュームも減ったり、増えたりするので固定仕切りは使い勝手が悪いことありませんか?

秀作です~066.gif

実物もとっても良かったですよ。



Mさまのように製図コースで、自分のデザインを形にすることを素直に実行されると、ちゃんとできるように…

なる…かも~?

聞く耳があって、強いこだわりをすてればいい線いくと思います056.gif



それはなぜか?




自分の観点での思考や視点だけだったから今まで 『それ』 ができなかったという事実をお忘れではございませんか?

思考をゆるめて、いろんな情報が入りやすくすること、これが大事だと離さないでいた真実はすでに過去のものであるということ、手放すことや出すことをしないと新しい風や物は入る隙がありません。

そのスペースを自分で意識することから、製図の入り口だと思ってくださるといいかと思います。



きっと、がんじがらめだった思考は、解放されできなかったこともできる余地が生まれます。


そんな感覚なのです。


製図って。


広げましょう!




人気ブログランキングへ
Commented by zaki at 2013-06-10 21:23 x
素晴らしい作品ですね!!

きっと、ご自身のこだわりに素直な方なのですね。
何と云っても、この持ち手・・・。
内貼りのセンスも・・・。

実物が、見てみたいです(^O^)

「自分なりのこだわり」が必要なんですね。大変良いお勉強をさせて頂きました。

Commented by Fairytale at 2013-06-10 22:17 x
zaki様
ご本人は謙遜して褒めても流しております(笑)
もともとM様も好奇心旺盛なお子様のような精神をお持ちな方なので、ある時点から形が 『サマになってきた』 のがわかります。
この作品は手から生み出されるという感じがもっともフィットしますね。
zaki様は、どれをチョイスするかどの組み合わせにするか…という贅沢な境地にいらっしゃいますので、これからがたのしみですね。
by fairytalem | 2013-06-08 18:48 | 製図 | Comments(2)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧