シンクロ

怒涛の2週間でした~。

そんな中、昨日のレッスンの終盤頃、人影が見えたので隣の事務所をのぞくと…

パパの小学生からの親友のTさんが都内から久しぶりに遊びに来ていました。

数年前まで前橋に住んでいた頃までは、特に20代はTさんがシングルだったのでよくご飯を3人で食べたり、車好きもあって新車が納車される度に試運転といってはドライブに出かけました。

私も5代目のWISHは今回は長いお付き合いですが、車検前に乗り換えていたのでCR-X→セリカ→エスクード→ワゴンRR→WISHとエアロ仕様系が多かったです。

TさんがWR-Xに乗り換えた時、まるで暴走族のような爆音に当初周囲はどん引きしていました。…本人はいたってふつう。ヤンキーでもありませんし、寧ろまじめを絵にかいたような人物。

今は、そんなこだわりもなくなっていき、おじさん的おばさんになってしまったような自分。。。

結婚して子どもができるまで10年とお気楽だった時代が長かったので、今が遅めの子育て時期。


20代の頃は何をやっていたのかと昨日ふと話の流れで思い起こしていたところ、いきなりのTさんの姿を目前とし時空間のシンクロに、エラくびっくりしてしまいましたemoticon-0104-surprised.gif

毎年のようにバンガローへ出かけ、20人部屋の1棟を借りて、屋外の料理ではないようなピザやパスタ、ディップ、けんちん汁といった下準備のいるものをつくり、しまいにはうどんをパパに打たせて、腕がパンパンになってつくったのにまずかったことなど~本人談~を思い出しました。
トーナメントテニス大会と題して20人以上集めて開催したり…誰がテニスをやるんだ?的な空気感たっぷりだったような記憶までが蘇ってきました。

若かった時は、今よりもエネルギッシュだったんだね~と有り余るエネルギーをもてあましていたことに驚きます。

群馬にいる子は、みんなスキーとかやっていて上手なんだと思われそうですが…ワタクシは違います。

もっぱら、初級コースの白樺や松が立ち並ぶロマンティックな爽快な空間をふら~っとなだらかで穏やかなコースをゆったりと力を使わずに滑れるところしか滑りませんので、ロッジでヌクヌクして温かい飲み物で雪景色を眺めていることが本命のようでした。お気に入りは水上高原スキー場~好きな飲み物を新雪の中に隠し入れておき、スキーで火照った身体にはしみるらしいお酒を飲んでいる仲間たち。…お酒飲めないワタクシにはそのように見えました。

一度、弟に上級の激しい険しい絶壁にしか見えないような所まで連れていかれた時は、もう恨みましたね。
その挙句、姉なのにお尻をストックでぶたれて『降りろ!』と鬼教官のごとく命令されたことは、今でもはっきりと覚えています。…いまだ恨んでいる。
その時のメンバーは、プロスキーヤーになった弟の友人もいたりして、初級コースぐ~るぐるのワタクシとでは天地の差のレベル。

人間とは、やりたくないことにはとことん強制されてもやらないもので、やりたいことは邪魔されてもやれるものです。


ワタクシのようなものは、外側からの意図に影響を受けることは難しいことなのだなとつくづく思います。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-11-19 10:05 | つぶやき | Comments(0)

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧