「ほっ」と。キャンペーン

思うこと

おはようございます、Fairytaleです^^

今朝も5時半に起きて、お弁当のから揚げをたくさん揚げました。

…なんとなくワタクシ、から揚げ臭。

すでに、目のトレーニング(読める限界の最小文字を升目にランダムに散りばめた中に指定の文字を赤ペンで丸付けをする単調な作業ではありますが、A4サイズ用紙に何万文字とある中から平均して約2000文字を1枚約15~20分くらいで、見える方の目にアイパッチをして見えにくい方の目を強制して使わせるトレーニングを1日4枚とその他に市販されている比較的効果が期待できる、小さなパーツのパズルや点つなぎ、迷路など2時間休まず行う)を7時から始めています。

~雲のふしぎ自由研究より~Photo byムスメ
b0245259_837092.jpg



朝ごはんは寝不足気味なので、ギリギリまで寝かせておいて移動車中でおにぎりですませました。
お母さんは毎日、お弁当や3度の当たり前の食事を考えるだけのことすら、面倒に感じてしまいます。(ワタクシは3度つくれない時もたくさんあります)
その原因の解消は、家族がねぎらいの言葉を一言でも伝えていたら、世の中のお母さんは面倒だなんて思うことから解放されると思います。
そう、お母さんだって感謝の言葉をいつもほしいなんて思ってなんかいません。
それでも、時々そんなことを言われたら単純に喜んでやれるわけですよ。

【当たり前のことが当たり前ではない】ということをこれからの時代は強く感じるのではないでしょうか。
人に感謝できる子どもになってもらいたいものです。

昨晩、ムスメのワタクシに対する態度や感謝の気持ちがないとパパが激怒し、ムスメを泣かせましたが…ワタクシの方が涙が出てきました。
感謝されたいなんて思っていた自覚すらなく、ムスメの為に夏休みをワタクシなりに頑張って、苦手な人付き合いにも進んで参加したりしました。
ガス欠感はすでにムスメが冷たい態度をとっていることから感じました。
タフなんだけどな~見返りなんて子どもに求めてないんだけどな~

…おっと、ここでクラスメイトのRちゃんが来ましたよ!

Rちゃんは、3R(リデュース・リユース・リサイクル)のポスターづくりを始めましたよ。
ネットからセブンの外観画像をプリントして、ゴミを分別して入れている様子を描くんだと下絵の細部がうまらないので、参考にしてもらいます。
ムスメのトレーニングが終わったら、午前中は夏休み中に1学期の復習ドリルを昨日と今日で終わらせるハイペースで取り組んでもらいます。

午後は、学校のプール☆
その間ワタクシの課題を少しでも進めたいと思います(^^ゞ
そして迎えに行き、下絵の続きと色付けです。夕方までに完成するかな~?
相乗効果で、一気にやっつけてもらいましょう!
休み明けのテスト体力がついているといいんですが。。。

ワタクシ自身は勉強はまったくしなかった、それはそれは恐ろしい子どもでした。(親が気にしていませんでしたからね)
5年生頃にスイッチが入ったので、なんとか普通の大人になれました。
そのスイッチは人それぞれで時期は違いますが、共通することは自分で入れるということです。
誰かに見つけてもらったり、押してもらったりするものではないです。
外的要因からではなく、内側からの発露。

一見、環境や他者からの影響で起こることのように見えますが、違います。
自分で感じ、決断することの積み重ねがその人が体感している世界でもあり、その人だけの真実です。

人は皆、自立して生きていける存在です。
誰かがいないと生きていけない、こういう自分でないと人から認めてもらえない、自分がいないとこの人はダメになる…なんてことは一切ありません!

では、なぜそんなふうに自分を頼りない信頼できない存在に感じてしまったのか…それは世の中の社会や家族間からのすり込みです。
自分を自立した存在として改めて認識して、他者とつき合う、家族とも向き合う、そういう決断をこれからは必要に迫られていく時代にもう突入しています。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-08-07 08:39 | つぶやき | Comments(0)