金環食後の検査結果

こんにちは、Fairytaleです^^


昨日の天体ショーは皆さまご覧になりましたか?

ワタクシは、チラ見はしたものの、PC前にいたため作業に没頭している間に終わってしまいました。


『そんなことより今日は検査の日』


4か月ごとに眼の検査をするムスメ。

もう慣れてきた様子だけど、移動の車中では無言が多い。。。

すっごいおしゃべりで『うるさーい!運転に集中できない』と毎日ワタクシに叱られても、この日ばかりはさすがに緊張を隠せない。

久々に、検査を全部付き添ってみた。

この忍耐力を要する検査を幼稚園からやってきたんだよね…と、つくづく感慨深く感傷しました。

正確な視力を測る検査なのですが、子どものキモチとしは少しでも数値を上げたいから、ねばって眼をこらして読もうとする。

『検査は無理やり見えることがいいことじゃないんだよ。正確な視力を知るためのもので、がんばらなくていいの』と言っても合点がいかないらしい(笑)

アナタのキモチもよーくわかるよ。



1月30日の最後の検診から4ヵ月間、毎日2時間のトレーニング。文字拾いA4の用紙に米粒サイズの文字が約2000文字特定の文字を拾いまくるのだ。この愛の用紙を5枚1時間半で済ませて、迷路やパズルなど眼を使うことをやり続ける。

この愛の用紙とは、パパが制作したとびきりのやつ。

アルファベットがごちゃまぜに細かいマスの中に何万とちりばめてる。
その中から『Sを赤ペンでまるつけてね』とそれぞれの問題通りにひたすら指定文字をまるつけていく作業を脅威の速さでやってしまうのだ。

最初から、ムスメはそんな感じでものすごい速さで解いてしまう。

何故そんなに早くやってしまうのか…子どもの心理をついて『まるをつけた部分が線となり、大好きなキャラクターが浮き上がってくる仕組みになっている。

パパが制作するのには、ムスメの大好きなキャラクターを下絵にPC作業とはいえA4で2時間はかかる。
2000文字ひたすらパパもコピペしまくっている。
はたから見ていると痙攣するんじゃないの?という地道すぎる作業。

『これが仕事だったら絶対やらない!』ような気の遠くなる作業を誰のためでもなくムスメのためだけにやってきた3年間。

一昨年の話だが、ムスメの視力UP効果を絶賛した群大の眼科の教授(当時は助教授だった)とのやりとりの中で、『本を出版できますよ』と何度も協力を約束してくれたにもかかわらず、純粋にムスメの視力があがることを優先するだけで精一杯だった当時の私達は、丁重にお断りをした。

よくよく考えてみると、出版でお金が入ることを強く拒んでいたパパとワタクシは利己的すぎるのではないかとも思った。

そして悩んだ末にワタクシたちらしい答えは『全てのトレーニング用紙の原紙を群大へ無償で差し上げること』にした。500枚近くあったかと思うが、今は更に700種類はあるではないだろうか。
ちなみに、キャラクターたちは『かつおとたらちゃん』『ちびまるこちゃんとおじいちゃん』『ジャイアンのリサイタルショー』『くまの子ジャッキー』と可愛らしいものやジブリ映画TVもの。今は『初音ミク』(^^ゞ


その甲斐あってか教授から『たくさんの子どもたちが助かっています』と素顔は淡々としている教授もスマイルで毎度ごあいさつくださる。


『お金には代えられないもの』をワタクシたちは学んでいるところだ。



そうそう、検査結果は…
幼稚園5歳時には片目の視力はほとんどなかったので毎日4~5時間のトレーニング!→0.8→1.0→1.2と去年の夏には見える方の視力に到達し(これがMAX)ムスメの反抗期とほっとしてしまった為に、トレーニングを毎日せず適当に1時間やらなかったためその半年後0.8に落ちてしまったのが、前回の検査時でのこと。

今回は4か月間2時間のトレーニング(学校生活時間が長くなったためこれ以上は睡眠にかかわるため)に戻った成果は…

0.8→1.0053.gifにあがりました!

そして、終了!ではございませ~ん。
教授も苦笑いしつつも、がんばったね~と仰ってくださいました。


継続して視力を維持する&できたら1.2マックスまで伸ばしてやりたいです。




人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-05-22 14:06 | つぶやき

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧