西洋占星術

皆さんは占星術って聞いたことあるけど、よく知らないっていう人が多いのではないでしょうか。
私がこの西洋占星術に出逢ったのは2004年頃だったかと記憶していますが、ずっと前から知っていたような感覚がありもっと昔から知っていたような気もします。

子どもの頃、ムスメと同じ2年生の頃,祖父に懇願して星座占いの本を買ってもらいました。
子ども向けの当時ではかわいい女の子のイラストや星座のイラストが素敵で思わず買ってもらった本。
一度だけ友達にあげたのを祖父が亡くなってから返してもらい私の元に帰ってきた本でした。
何度も読んでいたので憶えてしまいました。

子どもながらに12星座が神秘的だったこと、無限の宇宙をそこに感じられること、自分は広い存在かもしれないと思えることがとても心地よく陶酔していました。
大人になってから、星座のことや占いのことなどすっかり忘れていた時期もありました。

ある時、まだブログが認知される前から始めていたスピリチュアル系の人気ブロガーさんの記事を読んでから星座のことを調べてみました。

そこで辿り着いたのがヒーリングカウンセラーを始めたばかりの溝口あゆかさんでした。
彼女が出逢った占星術師のイバーナ(現在はイバルナと言われています)。初めは疑ってなかなか信用しないあゆかさんが次第に体験していく中で確信していく様子が書かれた迷える女子向けの書籍。
その本は私も疑似体験をしたかのような錯覚さえ覚えました。

その時は3カ月後、そのイバーナから私のホロスコープが届くとは思いもしませんでした。

私をクライアントとし、また必要になったらコンタクトをとって、と。
当時翻訳を頼んだのがKeikoさんという慶応卒のキャリアで、すぐに読みやすい日本語に訳していただきました。しかもかなり格安で。今は鑑定予約も難しいほど殺到しているそう。
イバーナも彼女も書籍を出版し有名人です。イバーナよりKeikoさんが日本エージェントを任される前だったので、ラッキーでした。
イバーナのクライアントの中にはハリウッド俳優や大物アーティスト、政財界、アスリートなど各界の有名な名前があがるそうです。

日本にも信頼おける鑑定される方がいらしゃいます。
今現在はどのような活動をされているかわかりませんが、必要でしたらお調べします(笑)

その方もすごいサイキック能力があるのでしょうね…もう何故自分のくせや悪いと思うところ直りそうもない性格、どういう理由からこの誤作動を起こしているのかまで、家族の生い立ちから何から何までもう驚愕でした。しばらく立ち上がれないほど打ちのめした鑑定書を私は当時はずっと読み返していました。何年も。

ホロスコープって何?ですよね。

地球上の特定(生まれた地域)の日時や場所から見た星の配置を円の図にあらわしたのがチャートといいます。
これは地球上に同じ配置図をもつ人はひとりとしていない特別なチャートでもあります。
30度ずつ均等に12星座に分割された図は中央のホリゾンタルラインを表し、左が東の日の出、右は西の日没、太陽の位置、水平線より半球上が見えている天空、半球下は地球の裏側を表します。様々な記号と数字が表記され、ホロスコープ内の星どおしのアスペクト(角度)により良い面、悪い面を意味づけされます。
ハウスといってそれぞれの枠内に配置される星の位置により読み解いていく奥深い自分のテーマや目的などがわかってきます。

私のホロスコープは極端に星がないハウスがあったり、片寄った配置だったようです。
私にはツインソウルなるもうひとり同じ目的を持つひとがこの地球上に存在します。
そういったことまでホロスコープから読み解けるんですよ。

びっくりしましたか?

ホロスコープを実際手にとって鑑定を受けられると、人生が変わった人たちがたくさんいます。

私もそのひとりです。

自分がこの地球に生まれた理由、目的を思いだして進んでいくきっかけとなるはずです。

b0245259_11224695.jpg
まさに、その人にとってベストなタイミングでそれはやってきます。

人気ブログランキングへ
by fairytalem | 2012-02-04 11:23 | つぶやき

カルトナージュやタッセルなど手仕事をご紹介


by fairytale
プロフィールを見る
画像一覧